有名リーカー。Pixel 6 Proで懐かしのパンダカラーを復活させる

例年通りであれば10月に正式発表されることが多いフラッグシップモデルですが早くもPixel 7シリーズのデザインが判明しており、さらにPixel 6の時は中途半端だった本体サイズがPixel 7ではさらに小型化することが判明しています。

詳細は「Pixel 7のディスプレイサイズが判明?僅かに小型化みたい」をご参照下さい。また今年こそ登場が期待されているGoogle初の折りたたみ式機種であるPixel NotePadですが発売時期がずれこんでいることもあるのか2世代目のGoogle Tensorを搭載すると予測されています。

詳細は「朗報!Google Pixel NotePadは2世代目Google Tensorを搭載」をご参照下さい。さて今回Max Weinbach氏がPixel 6 Proでパンダカラーを復活させていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

パンダカラー。

今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回同氏がGoogle Pixel 6 Proのバックパネルを交換してパンダカラーを復活させたとしています。ただ交換の際にワイヤレス充電コイルがバックパネルに接着されており、コネクターがディスプレイ下にあったためワイヤレス充電コイルを諦めたとしています。

ワイヤレス充電を犠牲にしてまで実現したパンダ。初期の頃のPixelといえばパンダカラーが一番の特徴でした。今後Googleは修理プログラムを提供することを明らかにしていますがバックパネルの破損に関してもユーザーが自身で交換できるようにする可能性も。

その際に現状の仕様だと換装するのは難しいのかもしれません。なので今後最新機種では仕様が変更され修理がよりしやすくなっていくのかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG