Samsungとより差が明確に。TSMCの新型SoCの歩留まりが想定以上に順調

先日の情報からもGoogleはPixel 6シリーズにかなり気合を入れている可能性が高く、2020年モデルの出荷台数の2倍となる700万台以上の生産をサプライーに指示したとされています。

詳細は「Googleの自信の表れ。Pixel 6シリーズは2020年モデルの2倍以上売れる」をご参照ください。また発売直後にバグや不具合が多いですが12月のアップデートにおいてGoogle Pixel 6シリーズは約80個の項目にわたり修正があることが判明しています。

詳細は「Pixel 6シリーズに12月のアップデート配信開始(国内版はまだ)」をご参照下さい。さて今回韓国のメディアサイトがTSMCの3nmを採用したSoCの生産効率に言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

思っていたよりも順調に。

Qualcommは早ければ今年の上半期に登場する可能性があるSnapdragon 8 Gen 1+や来年登場するSnapdragon 8 Gen 2はTSMCに依頼することが判明していますが、今回の情報によるとTSMCは3nmプロセスルールを採用したSoCの歩留まり率が想定を大きく超えて順調としています。

順調に開発が進行していることからもAMD/Nvidia/Appleなどのロードマップにもプラスの意味で影響を及ぼす可能性があるとしています。もともと2023年にN3を今年の後半に量産する予定だったとしていますが前倒しできる可能性も

AppleはA16 Bionicで3nmを採用することがこれで出来る可能性があるとしています。プロセスルールが小さくなればなるほど生産も難しくなります。一方でSamsungは4nmでもかなり厳しい歩留まり率が話題となっています。

この感じだとTSMCとSamsungのサプライヤーとしてさらに差を広がる可能性もあり、半導体部門が稼ぎ頭であるSamsungにとっては今後かなり厳しい状況になるかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG