Google Pixel NotePadの一部スペック判明?これはコスパは最高かも

今年の後半に2世代目のGoogle Tensorを搭載して正式発表されると予測されていたGoogle Pixel NotePadが再び延期されたと予測されています。詳細は「もう嫌だ。Google Pixel NotePad。また延期されたかも」をご参照下さい。

また先日にはGoogleの売れ筋である廉価モデルの最新機種であるGoogle Pixel 6aの開封レビューをしてみたので詳細は「こんなスマホを待っていた。Google Pixel 6aは想定以上に丁度いいスマホ」をご参照下さい。

さて今回Google Pixel NotePadのカメラセンサーに関する情報が出てきたので直近の情報と合わせてまとめてみました。

Galaxy Zシリーズの存在。

国内で発売されている折りたたみ式機種がGalaxy Zシリーズしかないこともありますが現状折りたたみ式機種でなかなか欲しいと思える機種がない。

近年中華メーカーも折りたたみ式機種に積極的になってきたとはいえグローバル展開しているのはHUAWEIくらいでGMS非対応なので個人的に論外。またvivoも動きがありそうでななく結局グローバルでまともに展開されているのはSamsungくらいです。

だからこそ以前より噂されているGoogle初の折りたたみ式機種であるPixel NotePadの登場に期待。Googleは2019年に折りたたみ式機種を開発していることを明らかにしていますが今だに発売されず。

2021年の第三四半期にはディスプレイの製造が開始すると予測されていたことから2021年下半期に正式発表されるかと思いきや発表されることはなくむしろその開発がキャンセルされたとの情報。

ただ2022年第3四半期にディスプレイの生産が開始するとの新たな予測が出てきたことからも今度こそは2022年の下半期に登場する可能性があると期待されていましたが直近では2023年春に延期。

また5月に開催されたGoogle I/OにおいてGoogleは今年の秋発表予定とした上でPixel WatchにPixel 7シリーズをチラ見せしておりさらに2023年にタブレットを発表することを明らかにしています。

ただPixel NotePadに関してはチラ見せされることもなく本当に開発されているのか不安になります。また最近リーク情報がありませんでしたが今回の情報によるとメインカメラセンサーに言及しています。

事前情報からもPixel 7シリーズはPixel 6シリーズと同じくSamsungのGN1を搭載する可能性大。そして今回の情報においてもPixel NotePadもPixel 7と同じくGN1を搭載する可能性があるとの予測。

ちなみに今までの情報によるとメインカメラセンサーはIMX363に超広角はIMX386でインカメラはIMX355を2つとカメラ構成はPixel 6aとほとんど同じになると予測されていましたが今回の情報通りであればPixel 7に近いカメラ構成になる可能性。

ちなみにPixel 7は超広角にIMX381でインカメラにはSamsung 3J1を搭載するとの予測。Googleはカメラセンサーを共通化することでコストカットしてくる可能性が高いのでとなればPixel 7やPixel 7 Proと共通化することでカット。

個人的に自分好みのカメラを搭載した折りたたみ式機種が現時点でなく気になるのはvivo X Foldくらい。

Galaxy Z Fold 4ではカメラセンサーが大幅に強化されるとの予測ですがそもそもGalaxyの派手な色味は好きではないので自分が好きなPixelからの折りたたみ式機種の登場に期待しています。

見劣りしないスペック。

最初具体的な情報が出てきた時初代Google Tensorを搭載するとの予測。ただ同時に発表される可能性があるPixel 7シリーズが2世代目のGoogle Tensorを搭載することからも見劣りする可能性。

ただ最近の情報では2世代目のGoogle Tensorを搭載すると予測されておりSoCでは見劣りせず。

現時点でPixel NotePadのバッテリー容量に関する情報はありませんが折りたたみ式機種の多くはその形状と内部スペースの問題からも2つの小型バッテリーを搭載していることが多いです。

SamsungですらGalaxy Z Fold 4で4400mAhのバッテリーを搭載すると予測されており大きくなく電力効率をいかに改善するかで電池持ちに影響してくると思います。2世代目Google TensorはSamsungの4nmを採用との予測。

Snapdragon 8 Gen 1やExynos2200をみている限りだと電力効率も発熱も不安しかありません。

また初代とはいえGoogle Tensorを搭載しているPixel 6aを見る限り特段制御していない印象。待機状態における燃費はいい感じがしますが結局のところSoCのパフォーマンスに大きく左右される。

なので電池持ちや発熱は心配ですが処理性能に関しては折りたたみ式機種の中でも悪くない方の可能性。また今回の情報通りメインカメラセンサーがGN1であればPixel 6aのようにハード的制約からカメラの機能制限がかかることはない。

ちなみにPixel 6シリーズのカメラの新機能として消しゴムマジック/顔フォーカス/モーションモードの3つがありがPixel 6aはモーションモード非対応。

2世代目のGoogle Tensorを搭載することでどのような新機能が追加されるか現時点で不明ですがPixel 6シリーズもPixel 7シリーズもGN1を搭載しているのであればGN1が基準に開発される可能性。

またインカメラは2つ搭載する必要があるためコストはかかりりますがSamsungJ31を搭載すればDPAFに対応しているので噂されている顔認証に対応する可能性。

事前情報においてPixel NotePadはSamsung製のLTPO技術を採用した有機ELディスプレイにUTGを採用すると予測されています。スペックで見れば可変式120Hz表示に対応する可能性があり一方で気になるのが指紋認証です。

Galaxy Zシリーズではいまだ画面内指紋センサーを搭載した機種が登場しておらずこれはディスプレイのハード的制約なのか単純にSamsungの技術的制約なのか不明ですが仮にディスプレイのハード的制約ならPixel NotePadでも画面内指紋センサーを搭載出来ない。

となれば側面か背面から不明ですが従来の指紋認証を搭載する可能性。そうなった時に顔認証に対応していた方が汎用性は高くなる。こう考えるとPixel NotePadはPixel 7とカメラセンサーを共通化することでスペックも共通化。

さらにコストカットに繋がりスペック的にも見劣りしない可能性があると個人的にはカメラに期待できる。折りたたみ式機種がようやく登場するという流れになってきたので非常に楽しみです。

価格がアドバンテージに。

また動画撮影時点における情報でみるとGalaxy Z Fold 4やGalaxy Z Flip 4のヨーロッパの価格がリークしており現行モデル対比で僅かに値上げされています。

この値上げは原材料の高騰やインフレなどの影響からの値上げとされており日本円でざっくり見ると1万円程度の値上げという感じです。ただ一方で韓国国内においては最低でも価格の据え置き。

もしくは値下げができるように尽力しているようでSamsungにとって優先市場であるアメリカにおいてもおそらく韓国と同様の対応になる可能性。なので少なくとも$1799という価格が一つの目安でPixel NotePadは一部情報では$1399になるとの予測。

今の世界情勢でもこの価格で発売することができれば価格の安さからも圧倒的なアドバンテージに。

クラムシェル型を除いた折りたたみ式機種の中で価格に加えグローバル展開となるだけでも折りたたみ式機種市場の中においてダークホースになる可能性。

またPixel 6aでは円安の状況からも現地価格で見れば前モデルから据え置きでも円安で2000円程度の値上げで踏みとどまってくれておりさらにPixel Buds A seriesを購入特典で付属させるなどむしろ安くなった印象。

Googleが日本市場を優先市場としている可能性が高いことからもPixel NotePadも頑張るかもしれない。となれば国内でみた場合Galaxy Z Fold 4より安く。

さらに直販モデルも存在するという流れになるので今まで折りたたみ式機種に興味があったユーザーも手が出しやすい存在になる可能性があります。もちろんその登場時期も重要で今年の後半にPixel 7シリーズと合わせてサプライズ発表であれば魅力。

ただ一部情報にあるように来年の春ごろと中途半端な時期になるとちょっとスペックが物足りないかも。

仮にPixel NotePadがGN1を搭載するという流れであれば来年登場するPixel 7aにおいてもGN1を搭載することでさらにコストカットしてくる可能性もありPixel全体でセンサーが統一される可能性も。

何よりGoogleには少しでも早くPixel NotePadを発表して欲しいように感じます。

まとめ。

今回は個人的にめちゃくちゃ気になっているPixel NotePadのカメラに関する情報が出てきたので簡単にまとめてみました。先延ばしするほど微妙になり早く出すほど魅力的な存在になる可能性も。

スマートフォン市場でPixelのシェアはかなり少ない中弱小メーカーが折りたたみ式機種を出せるのか。またAndroidを開発しているGoogleがそのノウハウを折りたたみ式機種にどう最適化させるのか。

Pixel NotePadにしかないような新たな使い方を提案してくれればおもしろいですよね。

Gazyekichi用

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! 楽天はこちらで!

LINEMOはこちらで! ahamoはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG