Xperia 1Ⅳ。Snapdragon 8 Gen 1+を搭載する淡い期待が消失

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいてXperia 1ⅣのSoCについて投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

妥当な感じ。

直近の情報では海外サイトのXperia 1Ⅳの製品ページからSnapdragon888+を搭載する可能性があるとしていますが正直ありえない。また一方でXperia 1Ⅳの発表時期が遅いのはTSMC製のSnapdragon 8 Gen 1を待っているとか。

またSnapdragon 8 Gen 1+を待っている可能性があるとか噂されており情報が錯綜。今回ESATO内でも情報に定評のある人物が以下のように投稿していることが判明しました。

私が言えることの1つは、次はQualcomm「Waipio」を使用していることです。

「Waipio」とはSnapdragon 8 Gen 1のコードネームとされています。なので今回の情報通りであれば妥当ですがSnapdragon 8 Gen 1を搭載する可能性があるとしています。ただこれから出荷されているSoCであればTSMC製を採用している可能性があります。

SoCで発熱や電池持ちの改善が期待できないことからもSonyがそれ以外の部分でどのような対策をしているのか気になります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG