iPhone 14。引き続きA15 Bionicを搭載。コスパ悪化へ

iPhone 13シリーズでは初めてノッチが小型化されましたがAppleはさらに小型化するために多くのAndroidで採用されているパンチホールをiPhone 14 Proシリーズで採用する可能性があります。

詳細は「iPhone 14 Pro。2つのパンチホールを採用に!?」をご参照下さい。ただパンチホールを採用することでノッチよりは目立たなくなるみたいですが、その肝心なパンチ部分は決して小さくはないとされています。

詳細は「iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも」をご参照下さい。さて今回Ming Chi-Kuo氏がiPhone 14とiPhone 14 MaxのSoCに言及しているので簡単にまとめたいと思います。

事前情報通り。

事前情報からもAppleはiPhone 14とiPhone 14 Maxでは引き続きA15 Bionicを搭載する可能性があると予測されていましたが今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

A16 Bionicが採用されるのはiPhone 14 Proシリーズのみとしています。その理由には言及しておらず半導体不足の影響なのか。コストカットのためなのか。その両方なのか。

少なくともA15 Bionicでも十分なパフォーマンスを発揮できることに違いはないので狙っている人が落胆する必要はないです。ただ価格が仮に前モデルからの据え置きであることを考えると、無印とProシリーズではスペックとコスパでより明確に区分されるようになると思います。

同じSoCを引き続き搭載することで価格が下がるなら別ですが、価格がむしろ高くなることは避けて欲しいようにも感じます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG