iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも

2022年の第1四半期に正式発表されると予測されている第3世代のiPhone SEですが、5Gに対応しながらもその価格は現行モデルよりさらに安くなる可能性があると予測されています。詳細は「iPhone SE。5G対応/A15。そして$399以下の可能性」をご参照下さい。

また廉価モデルが売れ筋となってきている中、iPhone SEに大型モデルが追加される可能性があると予測されており、事前情報通りであればiPhone 8 Plusがベースになる可能性があります。詳細は「次期iPhone SEはカメラが刷新。さらに大型モデルが追加される可能性」をご参照下さい。

さて今回Anthony氏がiPhone 14 Proのパンチホールに限定していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

妥当?でかい?

今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回のTweetを確認するとiPhone 14 Proのパンチホールは約5.63mmとしておりGalaxy S10よりも大きい。さらにiPhoneの 14 Proのピル型の方はGalaxy S10+のパンチより大きいとしています。

こう考えるとパンチホールデザインを採用することで全体的に小型化するというイメージでしたが、ノッチの要らない部分を出来るだけなくした感じで、その大きさは結局今のノッチとほぼ同じで、黒い部分が少なくなることで小さく見えるだけなのかもしれません。

Androidのパンチホールをイメージしていると、意外にもiPhone 14 Proのパンチホールはでかいと思うかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG