iPhone SE/2022のバッテリーテスト公開。この電池持ちはしんどい。。

iPhone 13シリーズでは初めてノッチが小型化されましたがAppleはさらに小型化するために多くのAndroidで採用されているパンチホールをiPhone 14 Proシリーズで採用する可能性があります。

詳細は「iPhone 14 Pro。2つのパンチホールを採用に!?」をご参照下さい。ただパンチホールを採用することでノッチよりは目立たなくなるみたいですが、その肝心なパンチ部分は決して小さくはないとされています。

詳細は「iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも」をご参照下さい。さて今回GSM ArenaがiPhone SEのバッテリーテストの結果を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

電池持ちは悪いまま。

今回同サイトが公開したiPhone SEのバッテリーテストの結果が上記の画像になります。スコアが70以下の機種はかなり電池持ちが悪いです。

スコア
iPhone SE/2020 59
iPhone 13 mini 75
iPhone 13 89

Appleは前モデル対比で電池持ちが改善したとしていますがたしかにスコアは僅かに改善。ただ電池持ちがかなり悪いという印象は変わらないと思います。

ミドルレンジを求めるユーザーが求める条件の一つとして電池持ちの良さ。持ちやすいサイズ感/優秀なカメラ/安定した動作性。そして長期のアップデートサポート期間と電池持ち以外はかなり優秀ですが電池持ちだけは致命的な欠点になっています。

iPhone 13 miniがまだ頑張っているので、iPhone SEももうちょっと電池持ちを頑張って欲しかったところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG