HUAWEI。Kirin9000を回収してリサイクルしている可能性

Huaweiが2021年12月にHUAWEI P50 Pocketを正式発表した一方でHuaweiから独立したHonorが先日には初の折りたたみ式機種となるHonor Magic Vを正式発表。

Huawei Mate X2がベースになると予測されていましたが、実際に蓋を開けてみると結構違いがあり、今後グローバルモデルが発売さればGMSに対応する可能性があるので非常に魅力的です。

詳細は「Honor Magic V。グローバル市場でまもなく登場!?」をご参照下さい。さて今回Teme(特米)氏がHUAWEIのKirinチップをリサイクルしているのではないかと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

リサイクルしているのではないかと予測。

今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回のTweetを確認するとHUAWEIは買い戻したほかの機種からKirin9000チップを回収して再利用しているのではないとかと報告しています。例えばHUAWEI P50 ProやHUAWEI Mate X2はマザーボードを交換するだけで新色として発売することも可能。

HUAWEIがKirinチップの製造ができなくなってもう2年以上。全ての地域でKirinチップを搭載したモデルを発売しているわけではないとしていまだに在庫が尽きていないのもちょっと不思議。

となれば売れない在庫などを回収してリサイクルなどをしていてもおかしくなく、またユーザーから下取りなどで引き取ったものを回収して点検した上でリサイクルしている可能性もあるのかもしれません。

来年にHUAWEIは自社製のSoCを発表する可能性があると予測されているので非常に楽しみです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG