iPhone 14 Pro。パンチホールに変えてもデメリットの方が多い?

iPhone 13シリーズでは初めてノッチが小型化されましたがAppleはさらに小型化するために多くのAndroidで採用されているパンチホールをiPhone 14 Proシリーズで採用する可能性があります。

詳細は「iPhone 14 Pro。2つのパンチホールを採用に!?」をご参照下さい。ただパンチホールを採用することでノッチよりは目立たなくなるみたいですが、その肝心なパンチ部分は決して小さくはないとされています。

詳細は「iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも」をご参照下さい。さて今回Anthony氏がiPhone 14 Proのコンセプト画像に言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

コンセプト画像が公開。

先日にはiPhone 14 ProのCADがリークしていましたが今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

ほぼパンチホールデザインを採用することは間違いないと言われていますが、やはり気になるのはパンチホール自体の大きさとしており、Androidと比較しても大きめになるとしています。

Androidはインカメラ部分のみがパンチホールデザインですが、iPhoneはTureDepthCamera部分がパンチ。しかもツインとなっているためやはり存在感があります。

個人的には前のノッチでも良かったように感じますが、むしろノッチからパンチに変えたことでどれだけコスト増になっているのかの方が気になります。パンチホールに変えたメリットよりもデメリットの方が目立たないようにして欲しいです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG