iPhone 15でノッチが終焉へ。ただパンチホールとの付き合いは長いかも

iPhone 13シリーズでは初めてノッチが小型化されましたがAppleはさらに小型化するために多くのAndroidで採用されているパンチホールをiPhone 14 Proシリーズで採用する可能性があります。

詳細は「iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも」をご参照下さい。ただパンチホールを採用することでノッチよりは目立たなくなるみたいですが、その肝心なパンチ部分は決して小さくはないとされています。

詳細は「iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも」をご参照下さい。さて今回Ross Young氏が今後のiPhoneのパンチホールデザインについて言及しているので簡単にまとめたいと思います。

今後も継続する可能性。

今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回のTweetを確認する限り少なくともiPhone 15シリーズでは共通してパンチホールを採用する可能性。この時点でノッチは終焉を迎える可能性があります。

ただ今回のTweetでは明らかにしていますがパンチホールデザインがいつまで継続するのか。Appleは画面内指紋センサーの開発チームを解散してFace IDに開発ソースを集中させているとされています。

Under Display Cameraの開発もずっと進めている可能性がありますが、Appleの基準を超える品質を開発することができるのか。少なくともAndroidは開発に苦戦している印象ですがAppleが驚かせてくれるのか。

この技術が完成した時にパンチホールからの卒業になると思います。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG