iPhone 14 Maxは間に合わず。可変式120Hz表示はProのみ

iPhone 13シリーズでは初めてノッチが小型化されましたがAppleはさらに小型化するために多くのAndroidで採用されているパンチホールをiPhone 14 Proシリーズで採用する可能性があります。

詳細は「iPhone 14 Pro。2つのパンチホールを採用に!?」をご参照下さい。ただパンチホールを採用することでノッチよりは目立たなくなるみたいですが、その肝心なパンチ部分は決して小さくはないとされています。

詳細は「iPhone 14 Pro。思っていたよりもパンチ部分がでかいかも」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、iPhone 14 Proシリーズのみ可変式120Hz表示に対応すると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

やはり上位モデルのみ。

iPhone 13 ProシリーズでiPhoneで初めて可変式120Hz表示に対応。このことからも後継機種であるiPhone 14 Proシリーズでも同様に対応する可能性は非常に高いです。ただ一方で気になるのは標準モデルの方が対応するかどうか。

事前情報においてiPhone 14は従来通り60Hz表示のまま。そして新たにラインナップに追加されるiPhone 14 MaxはサプライヤーであるLGの開発進捗によっては対応する可能性があると予測されていました。

ただ今回の情報によると、iPhone 14 ProシリーズのみLTPO技術を採用したディスプレイを搭載することの確認がとれたとしています。つまりiPhone 14 Maxも60Hzのままである可能性が高く、無印のディスプレイは大きな進化がないと思われます。

今後搭載するかどうかはLGの開発進捗次第で、LGが Appleの求める品質をクリアできない限りは変な話いつになっても搭載できない可能性があります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG