海外サイトがXperia PRO-Iを絶賛。市場にこれほど優れたものはない

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回Photography BlogがXperia PRO-Iのカメラを絶賛していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

かなりの高評価。

日本では約20万円でSony Storeや一部家電量販店で購入できるXperia PRO-I。スマホとしてみれば非常に高価ですが、ハイエンドスマホとコンデジを同時に購入するよりは安いという感じです。そして詳細はリンク先を確認して欲しいですが、まず同サイトはスマホのカメラをカジュアルに使いたい人にとっては向いていないと評価。

最近のXperiaのカメラ自体がそうですがオート撮影がメインのスマホではありません。またXperia初の1.0型センサーを搭載していますが、多くの機能が24mmでしか使えないこと。このことから複雑に考えずとにかくメインカメラセンサーは優秀だと考えるべきとしています。

ただ逆に言えば16mmと50mm含めて考えるとバランスが悪いと評価しています。ただ経験豊富なカメラマンなどにフォーカスした究極なニッチ製品となっていますが、ユーザープロファイルに適合し、お金に余裕があるなら、クリエイターにとって他に選択肢がない究極のスマートフォンだとしています。

おそらく市場全体で見ればXperia PRO-Iのようなカメラを望んでいるユーザーは全体の1%もいないかもしれません。ただそのニッチな部分に徹底的にフォーカスして作り上げたのがXperia PRO-Iという感じで、まさに販売台数を追わないSonyだからこそできる機種だと思います。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG