Xiaomi 12のバッテリーテストの結果判明。やはり電池持ちが微妙

先日には世界初のSnapdragon888搭載機種として発売された「Xiaomi Mi 11」のバッテリーテストの結果が公開されており、電池持ちは非常に厳しい状況となっていることを確認することができ一方で「Xiaomi Mi 11 Ultra」の電池持ちに関してはそこまで深刻でないことが判明しています。

詳細は「Xiaomi Mi 11のバッテリーテストの結果が公開。電池持ちは悪い」と「Xiaomi Mi 11 Ultraのバッテリーテストの結果が公開。電池持ちはまだマシ」をご参照下さい。

また先日には「Xiaomi Mi 11 Ultra」の中国版を購入して簡単に開封レビューをしてみたので詳細は「開封レビュー/Xiaomi Mi 11 Ultraの発熱&電池持ちは如何に?」をご参照ください。

さて今回GSM ArenaがXiaomi 12のバッテリーテストの結果を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

バッテリーテストの結果が公開。

今回同サイトが公開したバッテリーテストの結果が上記の画像になります。スコアは82となっており、先日公開されたXiaomi 12 Proよりは電池持ちがいいことになります。

同サイトによれば3Gによる通話に関しては圧倒的なスコアを記録したがそれ以外に関しては期待はずれだったとしています。もともとフラッグシップ向けのSoCは燃費が悪いためそこまで期待していなかったとしています。

ただ競合他社の機種と比較した場合電池持ちが悪いため、Xiaomiのソフトが原因である可能性が高いとしておりスペックに見合った電池持ちは実現できていないとしています。

少なくともGalaxy S22シリーズもそうですが、Snapdragon 8 Gen 1を搭載したことだけが理由ではありませんが電池持ちは前モデルより悪化している傾向にあります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG