Xperia 1Ⅳ。1Hzからの可変式4K/120Hzに対応するかも?

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回RedditにおいてXperia 1Ⅲのディスプレイについて投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

可変式リフレッシュレートに対応?

信憑性は定かではありませんが今回以下のように投稿されていることが判明しました。

うまくいけば、Xperia 1 IVは、1Hzまでの動的リフレッシュレートでより明るい画面を備えています。また、4Kディスプレイを搭載した携帯電話の場合、バッテリーは5000mah以上である必要があります。Snapdragon 8 Gen 1は、SD888と同様のバッテリーを消費しているようです。うまくいけば、Xperia 1IVは素晴らしいデバイスであることがわかります

事前情報でも世界初の可変式4K/120Hz表示に対応する可能性があると予測されていましたが、今回の投稿では1Hzからの可変式に対応するとしています。仮に1Hzから対応するのであれば最高クラスのディスプレイを搭載することになります。

ただそうなってくるとディスプレイの原価コストがめちゃくちゃ高くなりそうで怖い。また今のXperiaの120Hz表示に慣れている人からすれば可変式になるとちょっと動きが遅くなるような感覚になるかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG