売れ行き順調。Pixel 6シリーズの販売地域がさらに拡大

先日の情報からもGoogleはPixel 6シリーズにかなり気合を入れている可能性が高く、2020年モデルの出荷台数の2倍となる700万台以上の生産をサプライーに指示したとされています。

詳細は「Googleの自信の表れ。Pixel 6シリーズは2020年モデルの2倍以上売れる」をご参照ください。また発売直後にバグや不具合が多いですが12月のアップデートにおいてGoogle Pixel 6シリーズは約80個の項目にわたり修正があることが判明しています。

詳細は「Pixel 6シリーズに12月のアップデート配信開始(国内版はまだ)」をご参照下さい。さて今回9To5Googleによると、GoogleはPixel 6シリーズの販売地域を拡大したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

販売地域が拡大。

発売当初は僅か9カ国での販売となったGoogle Pixel 6シリーズですが売れ行きが順調であること決算でも明らかに。そしてその後11カ国に拡大していましたが、今回の情報によるとGoogleはシンガポールにおいて発売したとしています。

ちなみにシンガポールにおいて最後に発売されたPixelはPixel 4aとなっておりPixel 5/Pixel 4a 5G/Pixel 5a 5Gはスキップと約1年ぶりにPixelが帰ってきたという感じだと思います。

今回これで販売地域は合計で12カ国に。Pixel 6シリーズの供給が安定しているのであれば今後も販売地域が拡大する可能性があります。このいい流れをPixel 6aでも引き継いで欲しいように感じます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG