Sony。ヨーロッパの一部地域でXperiaの販売を取りやめる可能性

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいてSonyがヨーロッパの一部市場から撤退している可能性があると投稿されていたので簡単にまとめたいと思います。

一部市場から撤退。

2018年以降マーケティングの大きな見直しで販売地域も大きく変更しており、アフリカや韓国などから撤退しています。またSonyはイギリスを中心としたヨーロッパを重点戦略地域としていましたが、今回一部地域で撤退する可能性があるとしています。

これまでのところ、ポーランド、エストニア、イタリア、フランス、オーストリアのみが販売用の電話を表示していません。(2021デバイスを入手した場所の中で)。

英国、ドイツ、スペイン、オランダ、北ヨーロッパ、ベルギー、ギリシャ、キプロス、ロシア、クロアチア、スロベニア、チェコ、スロバキア、ルーマニア、ブルガリアはすべてそこに電話を持っています。

2021年は普通に買えた地域でも現状購入できない地域があることが判明したとしておりヨーロッパが中心という感じ。ヨーロッパの中でも不採算地域からは撤退してより効率化を図ると思われます。

製品自体もターゲット層をかなり限定しているので販売地域もかなり限定して集中的にマーケティングした方が効果を得られやすいのかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG