Galaxy Tab S8 Ultra。最大のデメリットはOSが最適化されていない

先日の情報からもGoogleはPixel 6シリーズにかなり気合を入れている可能性が高く、2020年モデルの出荷台数の2倍となる700万台以上の生産をサプライーに指示したとされています。

詳細は「Googleの自信の表れ。Pixel 6シリーズは2020年モデルの2倍以上売れる」をご参照ください。また発売直後にバグや不具合が多いですが12月のアップデートにおいてGoogle Pixel 6シリーズは約80個の項目にわたり修正があることが判明しています。

詳細は「Pixel 6シリーズに12月のアップデート配信開始(国内版はまだ)」をご参照下さい。さて今回9To5GoogleがGalaxy Tab S8 Ultraのデメリットについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

OSが最適化されていない。

先日にSamsungはハイエンドタブレットであるGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。すでに一部市場で予約が開始しており、さらに同サイトはファーストインプレッションを公開しています。

その中で特にGalaxy Tab S8 Ultraに関してはあまり好印象というわけではなくその理由としてはOSが最適化されていないこと。Android12がこの特大のフォームファクターに最適化されていない。

例えばアプリ同士の間隔がかなりあること。また画面分割機能なども最適化されていないとしています。少なくともGoogleがタブレットなどに最適化させるAndroid12Lの配信が開始していない以上、SamsungはOneUIで最適化するしかありません。

少なくとも現時点ではGalaxy Tab S8やGalaxy Tab S8+の方が上手くまとまっていると評価しています。今後OSの最適化が重要になりそうです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG