iPhone 14 Pro。もう片手操作が快適に出来ない重さになるかも

iPhone 13シリーズでは初めてノッチが小型化されましたがAppleはさらに小型化するために多くのAndroidで採用されているパンチホールをiPhone 14 Proシリーズで採用する可能性があります。

詳細は「iPhone 14 Pro。2つのパンチホールを採用に!?」をご参照下さい。また先日の情報からもiPhone 14 Proシリーズが搭載するA16 Bionicは期待されていた3nmではなく5nmプロセスルールが採用されると予測されています。

詳細は「iPhone 14 Proに搭載予定A16 Bionic。引き続き5nmを採用するかも」をご参照下さい。さて今回韓国のメディアサイトがiPhone 14 Proシリーズの重さについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

より重くなる可能性。

現行のiPhone 13 Proシリーズは筐体サイズを考慮するとかなり重量級。iPhoneは年々重くなっていますが今回の情報に基づいてiPhone 14 Proシリーズの重さをまとめると以下のようになります。

重さ 現行モデル
iPhone 14 Pro 208〜213g 203g
iPhone 14 Pro Max 240g前半 238g

今回の情報によるとiPhone 14 Proは最大で10g重くなる可能性があるとしておりiPhone 14 Pro Maxは最大で5g重くなる可能性があるとしています。

大型カメラセンサーの搭載など軽くなる要素はないと思っていましたが今回の情報通りであればやはり重くなる可能性。ちなみに軽量化が予測されているGalaxy Z Fold 4の重さは258gとその差がどんどんなくなっています。

このままいくとiPhone 15 Pro Maxでペリスコープを搭載すると予測されていることからも250g近くになる可能性もありそうですね。

Gazyekichi用

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! 楽天はこちらで!

LINEMOはこちらで! ahamoはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG