Xiaomi 12 mini。直近のAndroidで最も小型ディスプレイを採用した機種に

先日には世界初のSnapdragon888搭載機種として発売された「Xiaomi Mi 11」のバッテリーテストの結果が公開されており、電池持ちは非常に厳しい状況となっていることを確認することができ一方で「Xiaomi Mi 11 Ultra」の電池持ちに関してはそこまで深刻でないことが判明しています。

詳細は「Xiaomi Mi 11のバッテリーテストの結果が公開。電池持ちは悪い」と「Xiaomi Mi 11 Ultraのバッテリーテストの結果が公開。電池持ちはまだマシ」をご参照下さい。

また先日には「Xiaomi Mi 11 Ultra」の中国版を購入して簡単に開封レビューをしてみたので詳細は「開封レビュー/Xiaomi Mi 11 Ultraの発熱&電池持ちは如何に?」をご参照ください。

さて今回GizChinaによると、Xiaomiは6インチ未満のディスプレイを搭載した 12 Miniを開発している可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

小型モデルを開発している可能性。

リークの段階ではXiaomi 12Xが5.4インチの小型モデルになると予測されていましたが実際にはXiaomi 12の廉価モデルで小型モデルという立ち位置ではありませんでした。

ただ今回の情報によるとXiaomiは小型モデルを開発している可能性があるとしています。少なくともXiaomi 12よりは小さく6インチ以下のディスプレイを搭載。直近のAndroidでは最も小さなディスプレイを搭載したフラッグシップモデルになる可能性があるとしています。

さらにトリプルレンズカメラを搭載。ただデザインはXiaomi 12と同じではなく再設計されたデザインになる可能性があるとしています。Appleが小型モデルで大失敗している中、小型モデルを本当に発表するのか気になるところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG