超軽量。PITAKA Air Case Galaxy Z Fold 4用購入。残念な事も

先日にSamsungはGalaxy Z Fold 4とGalaxy Z Flip 4を正式発表しており合わせてGalaxy Buds 2 ProやGalaxy Watch 5シリーズも発表するなど下半期の新製品に関してもかなり充実している印象です。

詳細は「何が変わったのか徹底比較。Galaxy Z Fold 4とZ Flip 4が正式発表」をご参照下さい。また先日には韓国版のGalaxy Z Fold 4を購入して思うのはパッとした分かりやすい進化はないものの完成度が着実に高くなっていることを実感できる良機種に仕上がっていること。

詳細は「Galaxy Z Fold 4の開封レビュー。Z Fold 3から本当に変わった?」をご参照下さい。さて今回PITAKAから発売されているGalaxy Z Fold 4用の専用ケースを購入したので開封レビューをしてみたいと思います。

開封。

まず開封をしていきたいと思います。今回初めてPITAKA製品を購入しましたが価格が約1万円ということもあるのか化粧箱に重厚感がかなりあります。

ケースが入っているだけと考えるとかなり丁寧な梱包でこれだけでも高級感を感じることができます。

そしてサブディスプレイの表面はこんな感じです。

同じくサブディスプレイ用の今度は裏面です。固定するためのテープを確認することができます。

次にバックパネル側の表面です。今回2種類Galaxy Z Fold 4用として発売されていますが今回自分はオーバーチュアを選びました。このワンポイントのデザインがかっこいい。

そしてバックパネル側の裏面で特段クッション素材とかになっているわけではありません。

デザインは優秀。

公式ホームページにも「スリムで軽量」と記載されていますが僅か14gと見た目以上に軽く感じます。

そして実際に装着した上で本体上部を確認するとこんな感じです。

次に本体下部はこんな感じです。

そして本体右側面です。物理ボタン部分がちょっと広めにひらいているためボタンを押す際に干渉しないのはありがたいところ。

そして折り畳んだ状態における本体正面です。今回は固定用のテープでしっかり固定していないためテープ部分がちょっと見えています。ちゃんと固定する場合はなくなるので問題ありません。

そして最後にバックパネル側です。アラミド繊維を使用しているためケース自体が軽い上に耐久性に優れていることが最大のポイント。一方で9999円と品質が高い分お値段が高いのもネックです。

ちょっと残念なことも。

製品としては不満点があるとすれば材質の問題か指紋が地味に目立つことくらいでそこまでではありませんが一方で気になったのが配送について。今回購入した理由の一つとしてすぐに手元に届くと思ったから。

公式ホームページのサポートを確認すると全て「国内」から配送されます。と記載されています。一方で購入確認メールにおいては「2営業日以内に日本国内から発送予定」と記載。

配送履歴においてYanwenから発送されており結果手元に届いたのは1月16日で土日はさんだとはいえ1週間要しています。PITAKが中国の企業であることは把握していて最初から中国からの発送となっているのであれば納得です。

ただ今回購入したAir Case Galaxy Z Fold 4用がたまたま日本に在庫がなかったということなのか。それとも基本は中国発送というものなのか把握していませんがすぐ届くと思っていたので残念に感じてしまいました。

海外発送が当たり前なのであれば「日本国内から発送」と記載するのはやめてほしくちょっと後味が悪かったのが正直なところです。あとPITAKA JAPANの公式ホームページは全て日本語ですが決済画面や購入確認メールなどは全て中国語。

ブラウザでの翻訳機能を使えば問題ないですがユーザーによってはちょっと分かりにくいかなとも思っていました。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! 楽天はこちらで!

LINEMOはこちらで! ahamoはこちらで!
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG