Xiaomi 12 Ultra。筐体の材質はレザー含めた3種類の可能性

Snapdragon 8 Gen 1を搭載機種として世界初で発売されたXiaomi 12シリーズですが先日にはグローバル市場でも発表。ただ日本での発売はなし。Xiaomiは本体の冷却/放熱機能を大幅に強化していることを明らかに。

ただ残念なことに海外サイトが公開したバッテリーテストのスコアから電池持ちはかなり厳しいことが判明。詳細は「Xiaomi 12 Proのバッテリーテストの結果判明。めちゃくちゃ悪い。」をご参照下さい。

また最上位モデルの発表が例年より遅めとなっていますが一部情報では5月に正式発表される可能性があると予測されています。詳細は「かなり前倒しに。Xiaomi 12 Ultra。5月に登場する可能性」をご参照下さい。

今回GSM ArenaによるとXiaomi 12 Ultraのカラバリと材質に言及しているので簡単にまとめたいと思います。

今回は単一ではない。

一部情報では世界初のSnapdragon 8 Gen 1+搭載機種として5月に正式発表される可能性があるXiaomi 12 Ultraですがスペックの全体はまだ分からないにしろ、デザインに関しては大きなカメラデザインが大きな特徴となっています。

Xiaomi Mi 11 Ultraの時は筐体の材質はセラミックでカラバリがブラック/ホワイトの2色でしたが今回の情報によるとXiaomi 12 Ultraはガラス/セラミック/ビーガンレザーの3つのバリエーションがあるとしています。

あとはセラミックとレザーのどちらが上位モデル扱いになるのか気になるところです。おそらく容量構成で選べるオプションが変わってくると思います。個人的にはレザーが何色になるのか非常に気になります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG