Xiaomi 12 Ultra。内部コードからライカとのコラボはほぼ確定?

Snapdragon 8 Gen 1を搭載機種として世界初で発売されたXiaomi 12シリーズですが先日にはグローバル市場でも発表。ただ日本での発売はなし。Xiaomiは本体の冷却/放熱機能を大幅に強化していることを明らかに。

ただ残念なことに海外サイトが公開したバッテリーテストのスコアから電池持ちはかなり厳しいことが判明。詳細は「Xiaomi 12 Proのバッテリーテストの結果判明。めちゃくちゃ悪い。」をご参照下さい。

また最上位モデルの発表が例年より遅めとなっていますが一部情報では5月に正式発表される可能性があると予測されています。詳細は「かなり前倒しに。Xiaomi 12 Ultra。5月に登場する可能性」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによるとXiaomiがライカとのパートナーシップの確認がとれたと報告しているので簡単にまとめたいと思います。

ライカとコラボ。

すでに発売されているXiaomi 12とXiaomi 12 Proとは全く別のカメラ構成になると予測されているXiaomi 12 Ultra。何よりの特徴としてはSony製としては最大クラスとなるIMX800を搭載する可能性があること。

そして今回の情報によるとMIUIのアルバムのソースコードからライカの痕跡を見つけたとしています。このことからもXiaomiとライカは戦略的に協力している可能性が高いとしています。

またアルバム機能にライカフィルターが搭載されるとの話もあります。事前情報からもライカとコラボする可能性が高いと予測されていましたが今回その可能性がより高まったと思われます。

ソフト部分の甘さがちょっと目立つXiaomiですがライカと協力することで上手くカバーすることが出来れば大きく飛躍しそうです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG