Sonyさん。なぜ重点戦略地域より中国市場を優先しているのか?

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいてSonyのマーケティングについて投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

確かに疑問。

今回投稿されていた内容は以下のようになります。

ほとんどの売上が日本と台湾である場合、なぜ中国が最初に電話を取得するのですか?
私はソニーがまたそれをする計画があるに違いない

確かに以前より思っていましたが重点戦略地域である地域より中国を優先している印象が強い。Xperia 1IIの時はRAM強化に限定色の追加。さらにXperia 1Ⅲの時は世界最速での発売に限定色の追加。

また中国向けのローカライズにも力を入れておりアップデートも丁寧な印象を受けます。すでにSonyは戦略を変更したのかもしれませんが今まで中国は重点戦略地域には含まれず。

今後中国を強化していく流れなのかはXperia 1Ⅳの中国の発売時期でだいたい予測がつくという感じになりそうです。ただ何より重点戦略地域より強化している地域があるのはちょっとスッキリしないですよね。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG