VivoやXiaomiの折畳式機種に期待。ディスプレイのシワが改善したUTG採用

2月10日にSamsungは事前情報通りGalaxy S22シリーズとGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。リークがあまりにも酷過ぎて全く新鮮味がないイベントでしたがようやく発表されたことになります。

詳細は「迷走なのか。進化なのか。Galaxy S22正式発表。スペックにデザインに価格総まとめ」をご参照下さい。また今年の後半に登場が予測されているGalaxy ZシリーズですがSnapdragon 8 Gen 1+でテストされていることが判明。

少なくともテスト段階だとSamsungも現状に満足していることが判明しています。詳細は「お墨付き。Galaxy Z Fold 4はSnapdragon 8 Gen 1+で確定」をご参照下さい。

さて韓国のメディアサイトが次期折りたたみ式機種のディスプレイについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

次期ディスプレイの特徴。

韓国国内からの情報として4月以降に登場するVivoやXiaomiの折りたたみ式機種にはより改善されたSamsung製のUTGが採用されるとしています。またこの改善されたUTGとして2K 5E/第2世代のLTPOに対応。さらにUnder Display Cameraの改善。

また折り目やシワの改善。そして画面内指紋センサーへの対応などが特徴としています。もちろんですがディスプレイが対応してもメーカーが全ての技術を採用するかは別の話になります。

何よりUTGを採用することでディスプレイの折り目やシワは改善されるとしてきましたが、いまだある感じ。特にSamsungのGalaxyはディスプレイの問題というよりはヒンジの構造の問題だと思いますが改善されている印象は受けません。

中華スマホが今後どのように折り目含め仕上げてくるのか非常に気になります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG