Galaxy S22 Ultraのディスプレイ問題。まもなく修正へ

日本時間の2月10日にSamsungは事前情報通りGalaxy S22シリーズとGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。リークがあまりにも酷過ぎて全く新鮮味がないイベントでしたがようやく発表されたことになります。

詳細は「迷走なのか。進化なのか。Galaxy S22正式発表。スペックにデザインに価格総まとめ」をご参照下さい。また正式発表前から予測されていましたがヨーロッパの一部など半導体不足の影響かGalaxy S22とGalaxy S22+の発売が3月にずれこんでいる地域もあります。

詳細は「Galaxy S22とS22+。やはり一部市場では3月4日以降の発売に」をご参照下さい。さて今回Phone ArenaによるとSamsungはGalaxy S22 Ultraに発生している不具合をまもなく修正すると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

アップデートで修正へ。

先日の情報からも一部Galaxy S22 Ultraのディスプレイにかなり太いグリッチが発生する不具合が判明。海外サイトによると発生する条件としては搭載SoCがExynos2200であること。

また画面モードがリフレッシュレートの設定関係なく「鮮やか」になっていること。なのでその場凌ぎとしては画面モードを変更することで回避できるとされていました。

ただ今回の情報によると、Samsungはこの問題を把握しており、同様の不具合が発生しているのは限られた個体であり、また修正用のアップデートを提供することを明らかにしています。

なのですでにSamsungは修正用のアップデートの開発に着手していると思われます。Samsungは不具合を確認した場合修正用のアップデートの配信がかなり迅速なのでまもなく配信されるのかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG