iPhone 14の影響。Galaxy S23ではより多くのRAMを搭載?

日本時間の2月10日にSamsungは事前情報通りGalaxy S22シリーズとGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。リークがあまりにも酷過ぎて全く新鮮味がないイベントでしたがようやく発表されたことになります。

詳細は「迷走なのか。進化なのか。Galaxy S22正式発表。スペックにデザインに価格総まとめ」をご参照下さい。また正式発表前から予測されていましたがヨーロッパの一部など半導体不足の影響かGalaxy S22とGalaxy S22+の発売が3月にずれこんでいる地域もあります。

詳細は「Galaxy S22とS22+。やはり一部市場では3月4日以降の発売に」をご参照下さい。さて今回SamMobileがGalaxy S23シリーズはRAM8GB以上を搭載する可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

スペックで見劣りする可能性も。

まだ噂段階ですがAppleはiPhone 14 Proシリーズで8K撮影に対応させるためにRAM8GBに対応すると予測されています。そのバッググラウンドのシステムの違い。また配信されているアプリや通知の仕様の違いから、Androidは快適に動作するためにはより多くのRAMが必要。

なので単純に同じRAM8GBになった場合、iPhoneの方が仕様の違いから余裕があるという感じ。もっと極端に言ってしまえばiPhoneのRAM8GBはAndroidでいうRAM8GB以上に対応しているという感じになります。

今回の情報によるとiPhone 14 ProシリーズがRAM8GBに対応した場合、Galaxy S22とGalaxy S22+は容量的に同じになります。ただ繰り返しになりますが、この場合Androidの方が不利になるためSamsungはGalaxy S23シリーズではより多くのRAMを提供する可能性があるとしています。

容量構成はAndroidの方が見栄えが良かったですが、ストレージ容量はiPhoneの方が大きいこともあり、SDカードスロットの搭載はAndroidの魅力ですがSamsung含め廃止しているメーカーも。

このままだとiPhoneに対してのアドバンテージがなくなってしまうかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG