Galaxy S23。UDCを搭載できるかは原価コスト次第

そのリークしているスペックやデザインからあまり代わり映えしないGalaxy S22 Ultraですが、ソフト部分はかなり強化されている可能性が高く、有名なリーカーがカメラの進化に絶賛していることが判明しています。

詳細は「Galaxy S22 Ultraのカメラ。有名リーカーが興奮して夜も眠れず」をご参照下さい。またSnapdragon 8 Gen 1の発熱が心配される中Galaxy S22 Ultraは放熱対策も大幅に強化されていると予測されています。

詳細は「Galaxy S22シリーズ。一つの特徴は発熱対策の強化」をご参照下さい。さて今回韓国のメディアサイトがGalaxy Z Fold 4のUnder Display Cameraについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

より詳細な流れが判明。

先日の情報からも、Samsungは現在第二世代のUnder Display Cameraの開発を進めており、さらにその開発状況を非常によくGalaxy Z Fold 4に搭載される可能性があるとしています。

そして今回の情報でより詳細な流れが判明したのでまとめると以下のようになります。

一連の流れ
2021年12月に第2世代のUDCを製造するための専用機械を導入
少量テストサンプルにおいて想定以上の良い結果
Galaxy Z Fold 4に搭載する計画がより加速
さらにZ Fold 4に搭載することが出来れば原価コストの削減に
今後数ヶ月間で成果がでれば、早くてGalaxy S23に採用される可能性がある。

少なくとも現時点ではUnder Display Cameraの原価コストが高くGalaxy Z Fold 3にしか搭載できない状況にあると言われています。なので今後Sシリーズに搭載できるかどうか原価コスト次第という感じです。

Samsungが今後どのような判断をとるか不明ですが、この流れだとS23シリーズではうまくいくかもしれませんね。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG