Samsungが2021年出荷目標台数達成ならず。原因としてS21の販売不調

そのリークしているスペックやデザインからあまり代わり映えしないGalaxy S22 Ultraですが、ソフト部分はかなり強化されている可能性が高く、有名なリーカーがカメラの進化に絶賛していることが判明しています。

詳細は「Galaxy S22 Ultraのカメラ。有名リーカーが興奮して夜も眠れず」をご参照下さい。またSnapdragon 8 Gen 1の発熱が心配される中Galaxy S22 Ultraは放熱対策も大幅に強化されていると予測されています。

詳細は「Galaxy S22シリーズ。一つの特徴は発熱対策の強化」をご参照下さい。さて今回GSM ArenaによるとGalaxy S21シリーズの出荷台数に言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

販売台数の不振。

今回の情報によると、Samsungは2021年における出荷目標台数を達成することが出来なかったとしており、その原因の一つとしてGalaxy S21シリーズの販売不振だとしています。

発売直後は順調だったみたいですがそれ以降販売台数は伸び悩み。結果的には2500万台程度の販売だったとしています。ちなみにコロナの影響をもろに受けたGalaxy S20シリーズとほぼ同じで、それだけGalaxy S21シリーズの販売不調は深刻。

ちなみにGalaxy S10シリーズの出荷台数は3800万台程度とされています。今年SamsungはGalaxy S22シリーズを3000万台以上出荷することを目標にしているみたいですがどうなるかは不明。

半導体不足の影響やベトナムの工場における生産効率など様々な要因が絡まっていると思いますが今年のSシリーズの売上はSamsungによって重要になるかもしれず、これで販売不振が継続すれば来年以降は大きな手直しが入るかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG