Galaxy S22 Ultra。バッテリーとディスプレイの交換は恐ろしいほどムズイ

2月10日にSamsungは事前情報通りGalaxy S22シリーズとGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。リークがあまりにも酷過ぎて全く新鮮味がないイベントでしたがようやく発表されたことになります。

詳細は「迷走なのか。進化なのか。Galaxy S22正式発表。スペックにデザインに価格総まとめ」をご参照下さい。また正式発表前から予測されていましたがヨーロッパの一部など半導体不足の影響かGalaxy S22とGalaxy S22+の発売が3月にずれこんでいる地域もあります。

詳細は「Galaxy S22とS22+。やはり一部市場では3月4日以降の発売に」をご参照下さい。さて今回Phone ArenaによるとGalaxy S22 Ultraの修理は非常に難しいと評価しているので簡単にまとめたいと思います。

恐ろしく難しい?

今回の情報によると分解でお馴染みのIFIXITがGalaxy S22 Ultraの分解動画を公開したことが判明したとしています。発熱対策のために搭載されている米パーチャンバーの存在をサムネでも確認できます。

ちなみに新しくステンレス構造を採用したことでより効率的。そして薄いと内部スペースにそこまで影響を与えることなく冷却するのは単純にすごい。一方でこの動画では大量の接着剤が使用されていること。

さらに内部が層状構造となっているため修理が非常に難しいとしています。ちなみに修理レベルは10点満点中で3点とかなり難しいとの評価。少なくとも自分でバッテリーやディスプレイを交換するのは相当難しいのかもしれません。

日本ではおそらくキャリアからの発売なので、何かあったらキャリアに依頼するのが一番分かりやすいと思います。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG