Qualcommが焦っている。Snapdragon 8 Gen 1+はかなり早く登場かも

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回GizChinaによると、QualcommはSnapdragon 8 Gen 1+の発表を急いでいると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

Snapdragon 8 Gen 1を早く引退させる。

先日の情報からもXperia 1Ⅳなど今年の上半期に発表される機種であっても発売時期が遅めの機種は、Snapdragon 8 Gen 1のオーバークロック版が採用されると噂されています。

今回の情報によるとQualcommはオーバークロック版のリリースを急いでいる可能性があるとしています。Snapdragon 8 Gen 1との大きな違いはプロセスルールのみとされておりSamsungの4nmではなくTSMCの4nmを採用している可能性があるとしています。

一般的にはTSMCのプロセスルールの方が完成度が高く消費電力効率も優れているとされており、今問題となっている発熱問題をQualcommが少しでも早く解決させたとしています。

ただ残念なことにオーバークロック版がいつ登場するのか不明。ただあまりにも早いタイミングで登場してしまうと、それこそSnapdragon 8 Gen 1搭載モデルがハズレ扱いになりそうで正直複雑。

また一部情報によるとTSMCの4nmプロセスルールを採用したとも発熱が劇的に改善されない可能性があるとの予測もあります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG