Xperia。中国でのローカライズのためにFlymeOSを搭載する可能性があった?

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回Xperia関連の情報に精通しているZackbuks氏がXperiaのOSについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

FlymeOSを搭載する計画があった?

Sonyは中国市場でのローカライズを強化するためにMeizuとの協力を明らかにしていますが今回同氏がweiboに以下のように投稿していることが判明しました。

別の叔父のパーティーは、Xperia NationalBankにFlymeOSが搭載されると述べており、プライベートでテストされたという噂があります。

ここでソニーに確認し、もう一度明確にしました。XperiaNationalBankは、ローカライズされたアプリケーションを補完するためにMeizuとのみ協力しています。Xperiaには、高度にネイティブなAndroidシステムが搭載されています。つまり、ネイティブAndroidがないXperiaではありません。この基本原則変更されません。

実際にはAndroidから変更されることはないと思いますがFlyme OSのテストがされていた可能性があること。逆に言えばそれだけSonyは中国市場でのローカライズに本気だと捉えることもできます。

SamsungがAndroidからいずれ卒業するという噂もあるくらいなので、Xperiaも今後絶対Androidとは言えない感じもします。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG