Xperia 5Ⅲ。アップデートで可変式120Hzに対応できるのか

先日の情報からも2022年に登場する「Xperia 1Ⅳ」は世界初の4K/120Hz表示。かつLTPO技術を採用した可変式に対応する可能性があると予測されています。詳細は「Xperia 1Ⅳ。世界初の可変式4K/120Hz表示に対応?」をご参照下さい。

また一方で2021年最後に発売されたXperia PRO-Iですが生産数を限定しているのか一時期家電量販店やAmazonで品切れを起こすなどSonyの想定以上の売行きである可能性が高いことが判明しています。

詳細は「売行き上々?Xperia PRO-I。Amazonで早くも完売」をご参照下さい。さて今回RedditにおいてXperia 5Ⅲのリフレッシュレートについて投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

アップデートで対応するのか?

今回以下のように投稿されていることが判明しました。

ソニーは、ソフトウェアを介して、現在の120Hz対応のXperiaディスプレイを更新して、可変リフレッシュレートをサポートできますか?

この投稿に対して以下のような返信がありました。

理論的には、そうです。ソフトウェア/ファームウェアのアップデートにより、SoCとディスプレイドライバをさまざまなリフレッシュレートモードで動作するように設定できます。実際には、LTPSのようなパネルは、基礎となる物理的特性と構造の性質上、単一または非常に限られた範囲のリフレッシュレートで動作するように設計および製造されています(より遅いレートでリフレッシュしたい場合は、リークについてもっと心配する必要があります。

より堅牢なコンデンサが必要など。同様に、より速いレートでリフレッシュすることは、より短い時間でより速くスイッチングすることを意味し、より多くの駆動電流などを意味します。

一方、LTPOには多かれ少なかれこの制限がないため、多くの人がLTPOを要求しています。

ざっくりみるとLTPOなしでもアップデートで可変式に対応することができるかが制限が多い。なので逆にこの制限がないLTPO技術を求めるメーカーが多いとされています。

少なくともSamsungはGalaxy S21では段階式の可変式リフレッシュレートに対応していたこともあるので、Sonyもアップデートで対応する可能性がないとは言えないですが期待はできない感じだと思います。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG