Galaxy Z Fold 4はヒンジが1個に。薄型化/軽量化/コスト低減など繋がる

2月10日にSamsungは事前情報通りGalaxy S22シリーズとGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。リークがあまりにも酷過ぎて全く新鮮味がないイベントでしたがようやく発表されたことになります。

詳細は「迷走なのか。進化なのか。Galaxy S22正式発表。スペックにデザインに価格総まとめ」をご参照下さい。また今年の後半に登場が予測されているGalaxy ZシリーズですがSnapdragon 8 Gen 1+でテストされていることが判明。

少なくともテスト段階だとSamsungも現状に満足していることが判明しています。詳細は「お墨付き。Galaxy Z Fold 4はSnapdragon 8 Gen 1+で確定」をご参照下さい。

さて今回Anthony氏がGalaxy Z Fold 4のヒンジは大幅に改善される可能性があることに言及しているので簡単にまとめたいと思います。

ヒンジが大幅に改善?

今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

今回のTweetを確認するとGalaxy Z Fold 4はGalaxy Zシリーズで初となるシングルヒンジを搭載した機種になる可能性があるとしています。ヒンジが一つになることで本体の薄型化。さらに軽量化。またコストカットにも繋がるとしています。

さらにデリケートであるヒンジの耐久性ですが、1個になることで結果改善というべきか、壊れやすい場所が減るため改善されるという感じでしょうか。また今回の情報によるとGalaxy Z Fold 4のヒンジは中央に1個しかないとしています。

あとは明らかにSamsungが採用しているヒンジの構造がから発生している折り目問題。次のモデルではどの程度まで改善できるのか非常に気になります。同じUTGを採用した機種で折り目がほぼない機種も存在している以上Samsungのヒンジ次第という感じです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG