Galaxy S22。搭載SoCによって不具合やバグなどパフォーマンスにも差

日本時間の2月10日にSamsungは事前情報通りGalaxy S22シリーズとGalaxy Tab S8シリーズを正式発表。リークがあまりにも酷過ぎて全く新鮮味がないイベントでしたがようやく発表されたことになります。

詳細は「迷走なのか。進化なのか。Galaxy S22正式発表。スペックにデザインに価格総まとめ」をご参照下さい。また正式発表前から予測されていましたがヨーロッパの一部など半導体不足の影響かGalaxy S22とGalaxy S22+の発売が3月にずれこんでいる地域もあります。

詳細は「Galaxy S22とS22+。やはり一部市場では3月4日以降の発売に」をご参照下さい。さて今回Anthony氏がGalaxy S22シリーズの搭載SoCについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

バグや不具合に差がある?

今回同氏が以下のようにTweetしていることが判明しました。

すでにExynos2200搭載のGalaxy S22 Ultraのディスプレイにおいてグリッド線が表示される不具合が発生していることが判明しており、この不具合はSnapdragon 8 Gen 1搭載モデルには関係ない。

ただ同氏によればディスプレイ以外の部分や全体的なパフォーマンス部分でみてもSnapdragon 8 Gen 1よりExynos2200搭載モデルの方が不具合が多く、その結果アップデートの容量も大きくなるとしています。

SoCの違いによりパフォーマンスへの影響。さらに不具合やバグまで違いがあるとなると、Exynos2200搭載モデルが発売されている地域のユーザーからさらに不満が強くなりそうですよね。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG