Honor Magic V。Android12は標準搭載で発表へ

先日にHonorは同社初となる折りたたみ式機種の正式名称を明らかにしており、その形状からかHonor Magic Vになることを明らかにしています。詳細は「Honor初折り畳み式機種。その正式名称はHONOR Magic Vで確定」をご参照下さい。

またHonor Magic Vのレンダリング画像が公開されており、HUAWEI P50 ProとHUAWEI Mate X2のデザインを足して2で割ったようなデザインになると予測されています。

詳細は「有名リーカー。Honor MagicFoldのレンダリング画像公開」をご参照下さい。さてPhone ArenaによるとHonor Magic Vの一部仕様について言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

一部仕様に言及。

今回weiboで有名なリーカーであるDigital Chat StationがHonor Magic Vのスペックについて以下のように言及しています。

Honor Magic Vのプロトタイプパラメータは参照用であり、公式の標準に従います。
組み込みの大画面は右上隅の単一穴の設計であり、外部の小画面は中央の単一穴+わずかに湾曲した設計です。正しい。内部画面と外部画面の両方にフロントカメラとハイブラシがありますが、一方は90Hzで、もう一方は120Hzです。メインのリアカメラは50mp、Snapdragon 8 Gen1プロセッサ、66Wスーパーフラッシュ充電で、新しいAndroid12基盤システムがプリインストールされています。。

前回リークしたスペックとほぼ同じ。ただ事前情報で言及がなかったのがこのスペックはプロトタイプであること。またAndroid 12を標準搭載していること。ただこれだけのスペックが分かればある程度全体的なスペックは想像できます。

まずは中国市場で発売されると思いますが、グローバル市場での発売にも期待したいところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG