Google Pixel Watchのインターフェースが判明?かなりカラフル

日本時間の10月20日午前2時にGoogleはイベントを開催し、Google Pixel 6とGoogle Pixel 6 Proを正式発表。詳細は「Google Pixel 6とPixel 6 Proが正式発表。大刷新かつ衝撃価格で強い」をご参照ください。

また先日の情報からもGoogleはPixel 6シリーズにかなり気合を入れている可能性が高く、2020年モデルの出荷台数の2倍となる700万台以上の生産をサプライーに指示したとされています。

詳細は「Googleの自信の表れ。Pixel 6シリーズは2020年モデルの2倍以上売れる」をご参照ください。さて今回9To5GoogleによるとGoogle Pixel Watchのインターフェースのヒントが判明した可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

Pixel Watchのインターフェース?

Googleは5月のGoogleI/OにおいてWear OS3用のエミュレーターを公開。SamsungはWear OS 3で初めて動作する機種としてGalaxy Watch 4を発売していますが、Samsung独自のカスタマイズがかなり施されています。

一方で他のメーカーはWear OS 3を搭載したスマートウォッチを発売していません。そしてGoogleはWear OS3のエミュレーターを着実に進化させてきており、今回の情報によると5月に発表された時から多くの変更が施されており、さらに今後Wear OS 3を採用した機種で利用できる可能性があるインターフェースが判明したとしています。

今回合計10種類のインターフェースがエミュレーターの中から発見されたとしており、その一つが先日リークしたPixel Watchのものと同じだとしています。

少なくともWearOS 3はAndroid12のmaterial Youと同じくカラフルなデザインになる可能性があるとしています。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG