Apple製品が互いに充電可能?AirPowerの後継機を開発中?

  • 2021年12月3日
  • 2021年12月1日
  • iPhone
  • 30view

事前情報からも超マイナーアップデートになると予測されていたiPhone 13シリーズですが最上位モデルである「iPhone 13 Pro Max」を購入して開封レビューをしてみました。

詳細は「 iPhone 13 Pro Max 開封レビュー。第1印象はかなり残念」をご参照ください。また同じプロを意識した「iPhone 13 Pro Max」と「Xperia 1Ⅲ」の比較レビューをしてみました。

詳細は「 同じプロ向けでも違う方向に。iPhone 13 Pro MaxとXperia 1Ⅲ比較」をご参照下さい。さて今回GizChinaがAppleはマルチデバイスの充電器の開発をまだ継続していると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

AirPowerが継続?

iPhone Xの時だったと思いますが、iPhoneとAirPods。そしてApple Watchが同時に充電できる純正アクセサリーであるAirPowerが正式発表されましたが執筆時点ではまだ発売されておらず、またその開発は中止になったとも言われています。

AppleがAirPowerの開発に苦戦している理由はAirPowerのどの部分においても充電ができるように複数の充電コイルを搭載している。ただこのコイル同士が干渉して充電効率が安定しなかったり発熱の問題があったりと結局解決できず発売に至らず。

ただ今回の情報によるとAppleはマルチデバイス充電器の開発に取り組んでいるとしています。また大きな特徴として全ての製品が違いに充電できる短距離及び長距離ワイヤレス充電技術を搭載しているとしています。

詳細はよく分からないですが、iPhoneに搭載されているリバースワイヤレス充電の技術などを活かして何か面白いことをしようとしているのかもしれません。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG