Google Pixel 6。指紋認証の反応の悪さの要因はセキュリティ強化

  • 2021年11月10日
  • 2021年11月8日
  • Google
  • 90view

日本時間の10月20日午前2時にGoogleはイベントを開催し、Google Pixel 6とGoogle Pixel 6 Proを正式発表。詳細は「Google Pixel 6とPixel 6 Proが正式発表。大刷新かつ衝撃価格で強い」をご参照ください。

また先日の情報からもGoogleはPixel 6シリーズにかなり気合を入れている可能性が高く、2020年モデルの出荷台数の2倍となる700万台以上の生産をサプライーに指示したとされています。

詳細は「Googleの自信の表れ。Pixel 6シリーズは2020年モデルの2倍以上売れる」をご参照ください。さて今回GoogleがPixel 6シリーズの指紋認証のエラーが発生しやすい原因について言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

セキュリティの強化。

今回Twitterの公式アカウントが以下のようにTweetしていることが判明しました。

あるユーザーへのリプライとなっていますが、Google Pixel 6シリーズの指紋センサーは強化されたセキュリティアルゴリズムを採用しています。この結果、認証されるのに時間がかかったり、よりしっかりとセンサーに認識させる必要性があるとしています。

セキュリティが強化されたのは分かります。ただエラーしやすいというユーザーの不満をセキュリティを強化したから失敗することもありますと言われてもほとんどの人が納得しないように感じます。

YouTubeで頂いたコメントでも指紋センサーが反応しないのでパスコードで認証している方。指紋認証のセキュリティを強化したことで指紋認証がまともに使えず、結果もっとセキュリティが低い認証を使う状態になっていることを考えると本末転倒に感じます。

今後アップデートで改善するのか定かではありませんが、少しでも反応がよくなることに期待したいところです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG