Pixel 7に搭載。Google Tensorの2世代目。その存在が確認

  • 2021年11月1日
  • 2021年10月30日
  • Google
  • 243view

日本時間の10月20日午前2時にGoogleはイベントを開催し、Google Pixel 6とGoogle Pixel 6 Proを正式発表。詳細は「Google Pixel 6とPixel 6 Proが正式発表。大刷新かつ衝撃価格で強い」をご参照ください。

また先日の情報からもGoogleはPixel 6シリーズにかなり気合を入れている可能性が高く、2020年モデルの出荷台数の2倍となる700万台以上の生産をサプライーに指示したとされています。

詳細は「Googleの自信の表れ。Pixel 6シリーズは2020年モデルの2倍以上売れる」をご参照ください。さて今回9To5Googleによると、GoogleはGoogle Tensorの2世代目の開発をしている可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。

内部コードが判明。

日本時間の10月28日に発売されたGoogle Pixel 6シリーズですが同サイトがインストールされているアプリを調査したところ、その内部コードから新しいPixel関連のコードネームである「Cloudripper」が発見されたとしています。

ちなみに現行のGoogle Tensorは「Slider」でした。同サイトによると、この「Cloudripper」はPixel 7シリーズなど機種ではなくベースボードもしくは開発者ボードの名前である可能性があるとしており、Google Tensorの2世代目であると予測しています。

またドキュメントによればCloudripperのモデル番号はGS201だとしており、初代はGS101と命名規則に関連性があるようにも感じます。少なくともGoogleはフラッグシップモデルを中心にGoogle Tensorを継続して採用していくと思われます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG