Flyme対応機種。あくまでもXperia 1Ⅲ以降の最新機種のみ

  • 2021年10月26日
  • 2021年10月24日
  • Xperia
  • 319view

執筆時点では中国のみの発売で、世界的な半導体不足の影響か中国でもニーズが追いついていないとされている「Xperia 1Ⅲ」の大陸版を購入したのでファーストインプレッションをまとめてみました。詳細は「開封&ファーストインプレ。Xperia 1Ⅲはやはり最高だった」をご参照下さい。

また自身のYouTubeチャンネルでかなり多かった質問の一つとして「Xperia 1Ⅲ」と「Xperia 5II」のどちらがおすすめか。ようやく手元に実機が揃ったので徹底比較してみました。詳細は「比較レビュー。Xperia 1ⅢとXperia 5II どちらを選ぶべきか」をご参照下さい。

さて今回Xperia関連の情報に精通しているZackbuks氏がFlymeをXperiaについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

従来機種には非対応。

今回同氏がweiboに以下のように投稿していることが判明しました。

Xperia 1IIと5IIと1IIIは異なるプラットフォーム(ソニーの元の言葉)です。当面の間、Flyme協力アプリケーションのプッシュはありません。現在、私の側からのニュースは、Xperia 1III以降の製品が協力するということです。どんどん増えていきます。全面協力です。

Xperia 1IIおよび5IIユーザーの場合はSonyカスタマーサービスに連絡し、可能なすべての方法を使用して同じソフトウェア処理をリクエストしてください。ここでのみサポートできます。

先日より中国版のXperia 1Ⅲに対してFlyme関連のアップデートの配信が開始していることが判明していますが、このアップデートが配信されるのはあくまでもXperia 1Ⅲ。

今回の投稿を確認してもXperia 5Ⅲは今後対応する可能性が高い中、それより前の機種が対応する可能性は低いように感じます。折角新しい試みを始めたのにまさかの中国政府から罰金をくらうとかSonyにとって中国市場がそこまで重要なのか正直気になります。

スマホの販売と政治が絡むのはまだ仕方ないとしても、歴史を絡めていちゃもんつけてくるのも正直なんとも言えないですよね。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG