15万円の対決。Xperia 1ⅢとGalaxy S21 Ultraのどちらがおすすめか

執筆時点では中国のみの発売で、世界的な半導体不足の影響か中国でもニーズが追いついていないとされている「Xperia 1Ⅲ」の大陸版を購入したのでファーストインプレッションをまとめてみました。詳細は「開封&ファーストインプレ。Xperia 1Ⅲはやはり最高だった」をご参照下さい。

また自身のYouTubeチャンネルでかなり多かった質問の一つとして「Xperia 1Ⅲ」と「Xperia 5II」のどちらがおすすめか。ようやく手元に実機が揃ったので徹底比較してみました。詳細は「比較レビュー。Xperia 1ⅢとXperia 5II どちらを選ぶべきか」をご参照下さい。

さて今回ドコモの夏モデルの中でも非常に高価である「Galaxy S21 Ultra」と「Xperia 1Ⅲ」のどちらがおすすめか簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

同じマット仕上げでも。

まずデザインを確認したいと思います。「Xperia 1Ⅲ」はフロスト加工を採用。「Galaxy S21 Ultra」はマット仕上げを採用。「Xperia 1Ⅲ」は前モデルである「Xperia 1II」のフロストブラックと比較すると指紋がより目立ちにくくなっていますが、「Galaxy S21 Ultra」の方がより目立ちにくいです。

手持ちがブラックとなっていますが本当に濃い黒を採用しており、さらにマット仕上げを採用していることもありかなり質感が高いです。バックパネルに関して個人的には文句なしで「Galaxy S21 Ultra」の方がかっこよく感じます。ただ残念なこともあり一つはサイドフレームが光沢感のある質感となっており指紋が目立ちやすいこと。

  S21 Ultra Xperia 1Ⅲ
本体サイズ 165.1×75.6×8.9mm 165x71x8.2mm
重さ 229g 187g

そしてもう一つは本体サイズ。少しでも大きい機種が好きな人にとって「Galaxy S21 Ultra」のサイズ感は堪らないと思います。ただ一つの指標として重さが200gを超えているかどうか。200gオーバーになるとかなり重いです。少なくても自分は手首の調子が悪いので「Galaxy S21 Ultra」の重さは厳しいです。

横幅に関しては「Xperia 1Ⅲ」の方がスリムなので圧倒的に片手操作がしやすいと思います。ただ縦幅が一緒で横幅が大きく違うことからもより「Xperia 1Ⅲ」の方が縦長に見えてしまうんだと思います。個人的には「Xperia 1Ⅲ」の方がサイズ感とスペックのバランスが上手くとれているように感じます。

意外な画面占有率。

次にディスプレイを確認したいと思います。

  S21 Ultra Xperia 1Ⅲ
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.8インチ 6.5インチ
表示解像度 3200×1440 3840×1644
画面占有率 89.33% 90.99%
アスペクト比 20:9 21:9
リフレッシュレート 120Hz(可変式) 120Hz

ちょっと意外だったのが「Xperia 1Ⅲ」はノッチスタイルを採用していませんが、それでも「Galaxy S21 Ultra」より僅かとはいえ画面占有率が高いこと。また「Xperia」はアスペクト比21:9を採用して縦長と言われますが、「Galaxy S21 Ultra」と大して変わらないです。

そしてリフレッシュレートですが「Xperia 1Ⅲ」は可変式ではないので消費電力効率が悪いです。ただピュアアンドロイドに近いこと。120Hzで表示できるコンテンツは120Hzで表示することからも、「Galaxy S21 Ultra」より滑らかに動作する印象を受けます。

「Xperia 1Ⅲ」はディスプレイキャリブレーションの影響か歴代Xperiaと比較すると青みが緩和されましたが、上記の画像では分かりにくくて申し訳ないのですがそれでも「Galaxy S21 Ultra」の方がより暖色系に近いディスプレイを採用しています。ユーザーの好みの面もありますが、「Galaxy S21 Ultra」の方が単純に癖がなく見やすいディスプレイを搭載している印象を受けます。

またディスプレイ輝度に関して海外サイトのレビューを確認すると「Xperia 1Ⅲ」の最大輝度は700nits程度とされていますが「Galaxy S21 Ultra」は1500nits程度なので2倍近く差があります。実際に比較しても明らかに「Galaxy S21 Ultra」の方が明るいです。

単純に見やすく明るいディスプレイがいいなら「Galaxy S21 Ultra」で今はYouTubeなどでも対応コンテンツが増えてきてより身近な存在となってきた4Kを楽しみたいなら「Xperia 1Ⅲ」という感じです。

発熱と電池持ち。

次に基礎スペックを確認したいと思います。

  S21 Ultra Xperia 1Ⅲ
OS One UI(Android 11) Android 11
SoC snapdragon888
RAM/ROM 12GB/256GB
SDカードスロット ×

まず「Galaxy S21 Ultra」はカスタムUIを採用しており、機能面では「Xperia 1Ⅲ」より豊富。そして「Xperia 1Ⅲ」についてSonyが明らかにしていないためなんとも言えませんが、Samsungはメジャーアップデートは3回。セキュリティアップデートは4年対応とアナウンスしているので、長く使いたいのであれば「Galaxy S21 Ultra」の方が手厚い感じです。

そしてsnapdragon888搭載機種同士気になるのが発熱。まずベンチマークをそれぞれ3回ずつ回してみました。

ハイスコアで見れば「Xperia 1Ⅲ」。ただスコアの安定性という面では「Galaxy S21 Ultra」の方が高いという感じです。今回の計測結果の平均で見れば「Xperia 1Ⅲ」の方が高いですが、正直このクラスまでくるとベンチマークで10万点の差があっても体感することは厳しくそこまで気にする必要性はないと思います。

そして問題の発熱ですが両機種とも40度を超えてくるのでしっかり発熱します。これはベンチマーク計測中に触ると分かりやすいのですがしっかり発熱していると体感できます。逆に両機種ともしっかりと発熱するため正直どちらが発熱しにくいとかあまりない。

  S21 Ultra Xperia 1Ⅲ
バッテリー 5000mAh 4500mAh
充電速度(有線) 25W 30W
ワイヤレス充電
リバースワイヤレス充電
防水/防塵 IP68

また今回のベンチマークテストで「Xperia 1Ⅲ」は13%消費していますが「Galaxy S21 Ultra」は9%と結構大きな差があります。実際に使っていても電池持ちは「Galaxy S21 Ultra」の方が優秀。自分の使い方だと寝る前の電池残量が「Xperia 1Ⅲ」は検証不足が否めませんが40%以下のことが多い。一方で「Galaxy S21 Ultra」は60%前後のことが多い印象です。

発熱はどちらもする。ただ電池持ちは「Galaxy S21 Ultra」の方が優秀という感じで、特に外出先でゲームなどをやりたい人は電池持ちの差を考慮すると「Galaxy S21 Ultra」の方が快適かもしれません。

指紋認証の差。

基礎スペックで大きな差があると思うのが指紋認証で、「Galaxy S21 Ultra」は画面内指紋センサーを採用。少し前までの画面内指紋センサーならアクセサリーとの相性や反応含めて従来の物理ボタンの方がしやすいという感じでしたが「Galaxy S21 Ultra」の指紋認証は爆速かつ反応もめちゃくちゃいいです。

「Xperia 1Ⅲ」の指紋認証も前モデルと比較すると改善しているとはいえ「Galaxy S21 Ultra」には及ばない印象。

  S21 Ultra Xperia 1Ⅲ
生体認証 顔/指紋 指紋
イヤホンジャック ×
Dolby Atmos

またスピーカーに関しては音量は「Galaxy S21 Ultra」。音質は「Xperia 1Ⅲ」という印象を受けますが、音質に関しては好みの部分でもあります。個人的には「Xperia 1Ⅲ」のスピーカーでも音量にしろ音質にしろ満足ですが、屋外で音楽をかけたいと思う人は「Galaxy S21 Ultra」の方がいいと思います。

真逆のカメラ。

そして最後にカメラを確認したいと思います。 Samsungは「Galaxy S20」シリーズ以降、色合いがより濃いめとなっており空はより青く。森はより緑とAIを駆使してバンバン加工する感じですが、「Xperia 1Ⅲ」はより現実を忠実に撮影と、加工感という面では真逆のコンセプトとなっています。以下のサンプルは左側が「Xperia 1Ⅲ」になります。

まず超広角レンズさで撮影した画像になります。この時点で大きく好みが分かれると思います。

次に広角(1倍)で撮影した画像になります。

そして最後に「Xperia」に合わせて4.4倍で撮影した画像になります。画角のずれはすみません。「Galaxy S21 Ultra」は光学式10倍に対応していますが、ボケ感やフォーカス精度は「Xperia 1Ⅲ」の方が優秀に感じます。ただこれが長距離のズームになると「Galaxy S21 Ultra」の方が強いです。

同じペリスコープを搭載しているとはいえ中距離の撮影かつフォーカス精度の改善にフォーカスした「Xperia 1Ⅲ」と長距離の撮影にフォーカスした「Galaxy S21 Ultra」と進化の軸が大きく異なります。

「Xperia 1Ⅲ」はPhoto ProのMモードで撮影。「Galaxy S21 Ultra」のナイトモードに明るさを意識して調節しています。「Xperia 1Ⅲ」はナイトモードに対応していないとはいえ調節すればいくらでも明るくできます。ただネックなのが三脚が必須であること。

手持ちで簡単に撮影できる「Galaxy S21 Ultra」の方が汎用性が高いと思いますが、調節して撮影したい人にとって「Xperia 1Ⅲ」のPhoto Proは面白いと思います。

まとめ

それぞれに良し悪しがあるという感じですが「Galaxy S21 Ultra」の方がトータルバランスに優れ、購入した後に失敗したと思うユーザーは少ないと思います。それだけ逆に言えば「Xperia 1Ⅲ」の癖が強いと思います。

両機種とも15万円オーバーで高価ですが最先端の技術を使いたい。ハイスペックなスマホを使いたい人は「Galaxy S21 Ultra」がおすすめで、何か一つに拘りを持っている人は「Xperia 1Ⅲ」がおすすめという感じです。

自分は何か尖りまくったスペックを搭載している機種の方が好きなので、「Xperia 1Ⅲ」の方が所有欲などがめちゃくちゃ刺激されます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!
 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。
スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!
正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント 合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定) 2万7000円
「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。 多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。 一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。 これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。 なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。 それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG

Gazyekichi VLOG

記事ではなかなか伝えることが難しい機種のスピーカーや動画の手ぶれ補正などをYouTubeでよりわかりやすくご確認できます。

CTR IMG