まさかのサプライズ。SonyがXperia 1Ⅲ/5Ⅲ/10Ⅲを正式発表

  • 2021年4月14日
  • 2021年4月15日
  • Xperia

先日には「Xperia 1Ⅲ」のほぼ確定的なレンダリング画像がリークしており、「Xperia 1II」と比較して小型化。さらにペリスコープを搭載することでズーム機能が大幅に強化される可能性があると予測されています。

詳細は「「Xperia 1Ⅲ」のほぼ確定的デザイン「判明」。デザインが最高の進化に」をご参照下さい。また先日には業務用のスマホとなっている「Xperia PRO」を購入してスマホ視点でレビューをしてみたので「マジでカッコ良すぎる問題。「Xperia PRO」開封レビュー(スマホ視点)」をご参照下さい。

さて今回Sonyが「Xperia 1Ⅲ」と「Xperia 10Ⅲ」を正式発表したので簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

Xperia 10Ⅲが正式発表に。

まずはミドルレンジモデルとなる「Xperia 10Ⅲ」から確認していきたいと思います。

デザイン Xperia 10II Xperia 10Ⅲ
本体サイズ 157x69x8.2mm 154x68x8.3mm
重さ 151g 169g
カラバリ ブラック/ホワイト/ミント/ブルー ブラック/ブルー/ホワイト/ピンク

まずOneLeak氏が公開したレンダリング画像と相違はなく、本体サイズも端数以外は一緒です。一方で前モデルと比較するとベゼルがスリム化されたことが影響しているのか地味に小さくなっています。ディスプレイサイズが小さいとはいえ「Xperia 5II」より片手操作がしやすく取り回しのしやすいデザインを採用しています。

バックパネルはガラスで、サイドフレームは樹脂と踏襲。前モデルと比較するとよりポップな色合いとなっており、女性から男性まで選びやすいカラバリを採用しているように感じます。

①基礎スペック。

次に基礎スペックを確認すると以下のようになります。

Spec Xperia 10II Xperia 10Ⅲ
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.0インチ 6.0インチ(HDR)
表示解像度 2520×1080(FHD+)
リフレッシュレート 60Hz 60Hz/120Hz(タッチレスポンス)
OS Android10 Android 11
SoC snapdragon665 snapdragon690
5G × ○(ミリ波非対応)
RAM/ROM 6GB/128GB
SDカード
バッテリー 3600mAh 4500mAh
ワイヤレス充電 ×
生体認証 指紋
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック
Google Assistant専用ボタン ×

共通しているスペックが非常に多く、基礎スペックが劇的に進化したという感じではありません。ただ注目すべき点もあり、一つ目はSoCです。歴代ミドルレンジモデルはSoCがかなり非力で、動作性がかなりもっさりする印象でしたが、snapdragon690を採用したことでしっかりと底上げされています。

snapdragon6xxxと聞くと物足りなさを感じるかもしれませんが、搭載機種のベンチマークを確認すると28万点前後。昨年登場したミッドハイレンジモデルの多くが採用したsnapdragon765Gが30万点前後であることを考えると、ベンチマークが全てではないとはいえ動作性はかなり改善している可能性があります。

またバッテリーも「Xperia」の中では最大クラスとなる4500mAhに強化。5Gに対応するためということもあり電池持ちの改善に努めたと思われます。「Xperia 10II」の電池持ちは地味によかった印象なので、「Xperia 10Ⅲ」が現時点で5Gでほとんど通信できないことを考えると電池持ちはかなり優秀かもしれません。

そして個人的に最も嬉しいのがデュアルフロントスピーカーを搭載したこと。「Xperia 10II」は下部スピーカーがUSB-Cの奥に搭載されていたため、音量はもちろん、音質もかなり微妙でしたが、デュアルフロントスピーカーを搭載したことで、音の広がりは大幅に改善されていると思われます。

あとは肝心の音質ですがこれは実際に試してみないと言えません。ただハイエンドモデルの特権になるかと思っていたデュアルフロントスピーカーが復活したことを考えると音質にも期待したくなります。また「Xperia 1II」などで対応したDSEE Ultimateに対応。ハイレゾの対応はもちろんしっかりアップグレードされています。

②カメラはブラッシュアップ。

そしてカメラを確認したいと思います。

カメラ Xperia 10II Xperia 10Ⅲ
メインカメラ 12MP+8MP+8MMP
ズーム 2倍(光学式)/10倍(デジタル)
インカメラ 8MP

画素数だけでは判断できませんがぱっと見の印象はそこまで大きく変わっているようには感じません。ただ搭載しているSoCが強化されていることでシャッターボタンを押してから保存されるまでのタイムラグなど使い勝手の面はスペック以上に改善していると思います。また新機能として動物認識機能が追加に。

ちょっと気になるのがメインカメラセンサーが標準ではなく広角であること。あとは動画撮影時の手振れ補正が電子式手振れ補正とかなり貧弱なのがちょっと気になります。

③価格と発売日

そして発売時期と本体価格をまとめると以下のようになります。

価格 Xperia 10Ⅲ
発売時期 初夏以降
本体価格 不明

執筆時点では本体価格は明らかにされていません。

また執筆時点でauが6月中旬以降に発売することを正式発表しています。ただ動画撮影時点で価格は未定。この感じだとYmobileにdocomoが追加で扱い、あとはMVNOが扱う流れになるのかもしれません。

Xperia 1Ⅲが正式発表に

次に今年のプレミアムモデルになる可能性が高い「Xperia 1Ⅲ」について確認したいと思います。

デザイン Xperia 1II Xperia 1Ⅲ
本体サイズ 167x72x7.9mm 165x71x8.2mm
重さ 181g 188g
カラバリ ブラック/ホワイト/パープル ブラック/パープル/グレー

「Xperia 1Ⅲ」に関してはOneLeak氏が公開したレンダリング画像の時とサイズ感が全く違うのが意外でした。「Xperia 5II」に近いサイズ感になるかと思いきや「Xperia 1II」とほぼサイズが一緒で、本体の厚みがました分、本体も重くなっている感じです。

好評だった「Xperia 1II」と非常に似たデザインを採用していることを確認することができ、また一部地域限定カラバリだったフロストガラスが今回「Xperia 1Ⅲ」ではレギュラー色として採用されています。マット仕上げの「Xperia」が欲しかったユーザーにはたまらない仕様だと思います。

①基礎スペックを確認。

次に基礎スペックを確認したいと思います。

Spec Xperia 1II Xperia 1Ⅲ
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.5インチ
表示解像度 3840×1644(4K)
リフレッシュレート 90Hz(残像低減技術) 120Hz/240Hz(残像低減技術)
OS Android10 Android 11
SoC snapdragon865 snapdragon888
5G ○(ミリ波非対応) ○(ミリ波対応)
RAM/ROM 12GB/256GB
SDカード
バッテリー 4000mAh 4500mAh
ワイヤレス充電
生体認証 指紋
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック
Google Assistant専用ボタン ×

snapdragon888を搭載している以上、対応できないと予測されていた4K/120Hz表示に世界初として対応。また残像低減技術を使うことで「Xperia 5II」と同じく擬似的240Hz表示。そしてタッチレートも240Hz表示に対応しています。ディスプレイに関してはこれで一つの完成形ともいえるレベルになったと思います。

ただスペック上で判断できず気になるのが発熱と電池持ちです。snapdragon888を搭載している機種の多くは発熱と電池持ちがネックになっています。バッテリー容量が4500mAhと大型化したとはいえ、SoC次第では電池持ちの劇的な改善はあまり期待できないかもしれません。一方でバッテリーシェアに対応しています。

デュアルフロントスピーカーの搭載はもちろんイヤホンジャックの搭載。そして本体のみで初めて360 Reality Sound機能に対応。デュアルフロントスピーカーを搭載している時点で、かなり音の広がりを感じることができますが、さらに臨場感を感じられるようになります。

さらにスピーカー自体の構造を見直して前モデル対比で音圧が40%改善。さらにイヤホン接続時でも同様に40%改善しており、より音楽を楽しめるように進化しています。

②カメラを確認。

そして次にカメラを確認したいと思います。

カメラ Xperia 1II Xperia 1Ⅲ
メインカメラ 12MP+8MP+8MMP 12MP+12MP+12MP
ズーム デジタル3倍
インカメラ 8MP

標準カメラセンサーが24mmで超広角カメラセンサーが16mmなのは同じですが、望遠レンズに関しては70/105mmと可変式望遠レンズで、Dual PDセンサーが搭載に。オートフォーカスが改善されており、さらに「Xperia 1II」の時とは異なりインカメラ以外は全てSony製を採用。ズーム機能においてはAI超解像ズームに対応。

また大きな変化としては通常のカメラアプリがPhoto Proに統合されており、Photo Proでは通常のカメラアプリのように撮影できるBASICモードが追加に。カメラアプリの統合はユーザーによっても分かりやすくなるので嬉しいですよね。

③発売時期と価格

そして発売時期と価格について確認したいと思います。

価格 Xperia 1Ⅲ
発売時期 初夏以降
本体価格 不明

執筆時点で本体価格は不明。またauとSoftBankは取り扱うをことを正式発表しており6月中旬以降の発売に。カラバリはブラック/パープルの2色展開です。

Xperia 5Ⅲを正式発表。

そして完全にサプライズ発表となったのが「Xperia 5Ⅲ」になります。全くリーク情報なし。

デザイン Xperia 5II Xperia 5Ⅲ
本体サイズ 158x68x8.0mm 157x68x8.2mm
重さ 163g 169gg
カラバリ ブラック/ホワイト/パープル ブラック/グリーン/グレー

前モデルと比較すると僅かに小型化していますが厚みがまして重くなっています。今のSonyのラインナップで見ればこの大きさが下限なのかもしれません。

基礎スペックを確認。

次に基礎スペックを確認したいと思います。

Spec Xperia 5II Xperia 5Ⅲ
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.1インチ
表示解像度 2520×1080(FHD+)
リフレッシュレート 120Hz/240Hz(残像低減技術)
OS Android10 Android 11
SoC snapdragon865 snapdragon888
5G ○(ミリ波非対応) ○(ミリ波非対応)
RAM/ROM 8GB/128GB
SDカード
バッテリー 4000mAh 4500mAh
ワイヤレス充電 ×
生体認証 指紋
防水/防塵 IP68
イヤホンジャック
Google Assistant専用ボタン

基礎スペックはほとんど変わらずバッテリー容量が4500mAhに強化。電池持ちはさらによくなる可能性が高いと思います。ワイヤレス充電非対応は残念ですよね。

カメラを確認。

次にカメラを確認したいと思います。

カメラ Xperia 1II Xperia 1Ⅲ
メインカメラ 12MP+8MP+8MMP 12MP+12MP+12MP
ズーム デジタル3倍
インカメラ 8MP

Xperia 1Ⅲと比較するとTOFセンサーがないことくらいでほとんど変化がありません。

発売時期と価格。

そして最後に発売時期を確認したいと思います。

価格 Xperia 1Ⅲ
発売時期 初夏以降
本体価格 不明

少なくとも現時点では日本で発売されるか不明です。もしかしたらグローバルモデルのみになるかもしれません。

まとめ

いよいよ正式発表された「Xperia 1Ⅲ」と「Xperia 10Ⅲ」ですが、現時点での印象では「Xperia 10Ⅲ」は基礎スペックの底上げで使い勝手をより強化。そして「Xperia 1Ⅲ」はスペックの派手さがありませんが、順当なブラッシュアップという印象を受けます。

Zackbuks氏のネタ以外で考えても事前情報と比較するとちょっと地味に感じますよね。あとは実際に使ってみてどの程度の完成度なのか非常に気になります。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで! auはこちらで!
SoftBankはこちらで! SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント 合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定) 2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>YouTubeはこちらで!

YouTubeはこちらで!

YouTubeチャンネルも運営しています! 文章で伝えきれないことを動画でまとめているのでぜひチェックをお願い致します!

CTR IMG