ついに「HUAWEI P50 Pro」のほぼ確定的なデザインが判明。Honorにそっくり

先日の情報からもトランプ前大統領は任期期間中にHUAWEIに対してさらに規制を強化しており、HUAWEIとの取引許可が出ていたIntelなど複数の企業から合計8個のライセンスを取り消し、HUAWEIはさらに厳しい状況に追い込まれた判断することができます。

詳細は「驚異の200倍ズームに対応!?「HUAWEI P50 Pro」の一部スペックリーク。」をご参照下さい。また先日の情報からも、HUAWEIはメインブランドである「HUAWEI P」シリーズや「HUAWEI Mate」シリーズを売却する可能性があると予測されています。

詳細は「HUAWEI。Honorに続きPシリーズやMateシリーズも売却する可能性」をご参照ください。さて今回その情報に定評のあるOnLeaks氏が「HUAWEI P50 Pro」のほぼ確定的なレンダリング画像を公開したことが判明したので簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

ほぼ確定的なデザイン。

今回公開された「HUAWEI P50 Pro」のレンダリング画像が上記の画像になります。

バックパネルはガラスを採用
上下がフラット形状を採用したメタルフレームを採用
本体サイズが159x73x8.6mm(カメラバンプこみで10.3mm)
6.6インチのディスプレイを採用
パンチホールデザインを採用

何よりも特徴的なのがカメラデザイン。大きく2つのカメラセンサーが搭載されているようにも見えますが、一つずつのリングに複数のカメラセンサーが搭載されている可能性があるとしています。

また画面内指紋センサーを採用。またサイドフレームに音量ボタンと電源ボタンを確認。さらに上下のサイドフレームにスピーカーを採用。

これが最後のハイエンドモデルになる可能性があることを考えるとちょっと残念ですよね。やはりHUAWEIの機種はカメラデザインが面白いですよね。続報に期待しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG