「Galaxy S21」series。「S21 Ultra」一択だと思う4つの理由

日本時間の1月15日にSamsungはライブストリーミングを配信し、事前情報通り「Galaxy S21」シリーズを正式発表。さらにワイヤレスイヤホンである「Galaxy Buds Pro」も正式発表しました。詳細は「2021年最強が登場。Samsung「Galaxy S21」seriesのスペック/デザイン/価格まとめ」をご参照下さい。

さて今回今回発表されたばかりの「Galaxy S21」シリーズの中で、「Galaxy S21 Ultra」が一択だと思う理由について簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

①唯一進化したディスプレイ

まずディスプレイのスペックを確認したいと思います。

ディスプレイS21S21+S21 Ultra
サイズ6.26.76.8
表示解像度2400×10803200×1440
画素密度421ppi394ppi515ppi
リフレッシュレート120Hz(可変式)120Hz(可変式)
最大輝度1300nits1500nits
コーティングGorilla Glass 7

「Galaxy S20」シリーズの時はLTPO技術を用いた可変式のリフレッシュレートが採用されていませんでしたが、「Galaxy S21」シリーズでは共通して可変式のリフレッシュレートに対応。

 変わらないディスプレイ

一応前モデルとそれぞれ比較してみたいと思います。

ディスプレイS20S21
サイズ6.2
表示解像度3200×14402400×1080
画素密度566ppi421ppi
リフレッシュレート120Hz120Hz(可変式)
最大輝度1200nits1300nits
コーティングGorilla Galass 6Gorilla Galass 7

次に「Galaxy S20+」と「Galaxy S21+」を比較すると以下のようになります。

ディスプレイS20+S21+
サイズ6.7
表示解像度3200×14402400×1080
画素密度524ppi394ppi
リフレッシュレート120Hz120Hz(可変式)
最大輝度1200nits1300nits
コーティングGorilla Galass 6Gorilla Galass 7

前モデルと比較すると「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」の表示解像度がFHD+になっているため画素密度などスペック的にみてもかなり劣るように感じます。また可変式に対応したとはいえ、「Galaxy S21 Ultra」は10~120Hzに対応する一方で、「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」は48~120Hzと「Galaxy S21 Ultra」の方がより最適化されます。

最新モデルの方はディスプレイが少し明るくなり、さらに耐久性が向上していること。そして表示解像度がFHD+に制限されたことで発生するメリットとして電池持ちが改善する可能性があること。ただあくまでも60Hz表示で使った場合の話になります。

少なくともディスプレイにおいてスペックは物足りなくなっており、唯一スペック的に進化を感じられるのが「Galaxy S21 Ultra」ということになります。

②唯一SDカードスロットを対応している

次に基礎スペックを確認したいと思います。

スペックS21S21+S21 Ultra
OSAndroid11(OneUI3.1)
SoCSnapdragon888/Exynos2100
RAM8GB12/16GB
ROM128/256GB128/256/512GB
SDカードスロット×
バッテリー4000mAh4800mAh5000mAh
充電速度25W45W
ワイヤレス充電
リバースワイヤレス充電
防水/防塵IP68
生体認証指紋/顔

発売地域によって容量構成が異なります。またアメリカで販売されるモデルは3機種とも共通してSDカードスロットが廃止になっていますが、一部市場において「Galaxy S21 Ultra」のみ唯一「Galaxy S21」シリーズの中でSDカードスロットを搭載しているモデルがあるとされています。

また以前より一部地域限定モデルとして「Ultra」モデルには512GBモデルを用意されていましたが、多くの地域で512GBを用意したことを考えると、多くの地域のモデルはSDカードスロットを廃止したことを変な話誤魔化しているようにも感じます。

SDカードが必要かどうかは正直ユーザー次第だと思います。ただ必要だと思うユーザーにとってSDカードは必須であり、「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」で廃止された以上、「Galaxy S21 Ultra」に大きくアドバンテージがあるように感じます。

電池持ちが最も優秀である可能性。

気になるユーザーが多い電池持ちですが、正直こればかりは海外サイトのバッテリーテストの結果を待つ必要性があります。ただスペックから推測してみると、やはり地味に差に繋がるのは「Galaxy S21 Ultra」のみが10~120Hzの可変式のリフレッシュレートに対応していること。

同じく表示解像度をFHDに設定した場合の話になりますが、搭載しているディスプレイサイズが最も大きいとはいえ、搭載しているバッテリー容量が最も大きく可変式に対応していることを考えると、電池持ちに期待できます。

ただ2K/120Hz表示にした場合は、少なくとも「Galaxy S21+」には劣る可能性が高い。ただディスプレイの評価が世界でもトップクラスのUltraモデルは2KにしなくてもFHDでも十分に綺麗だと思われます。

③レーザーオートフォーカスの差。

そしてカメラのスペックを確認したいと思います。

構成S21S21+S21 Ultra
広角12MP/f / 1.8、79°、26mm、1 / 1.76 “、1.8、m、OIS108MP/f / 1.8、79°、24mm、1 / 1.33 “、0.8、m、OIS
超広角12MP/f / 2.2、120°、13mm、1 / 2.55″、 1.4)m12MP(f / 2.2、120°、13mm、1 / 2.55″、 1.4、m、AF
望遠64MP/f / 2.0、76°、28mm、1 / 1.76 “、0.8、m、OIS10MP/f / 2.4、35°、72mm、1 / 3.24 “、1.22、m、OIS
望遠×10MP/f / 4.9、10°、240mm、1 / 3.24″、 1.22、m、OIS
レーザーオートフォーカス×
10MP/f / 2.2、80°、1 / 3.24 “、1.22 µm、25mm40MP/f / 2.2、80°、1 / 2.8 “、0.7 µm、25mm、AF

皮肉なことに「Galaxy S20」シリーズの時は108MPカメラセンサーを搭載した「Galaxy S20 Ultra」の画質が一番汚く、またオートフォーカスに問題を抱えるなどかなり残念な感じでした。画質に関しては実際に確認する必要性がありますが、レーザーオートフォーカスを搭載したことでフォーカスの精度は非常に優秀になっていると思われます。

2020年モデルで確認した場合、レーザーオートフォーカスを搭載している「Galaxy Note20 Ultra」と搭載していない「Galaxy Z Fold 2」で比較した場合、やはりフォーカスの精度や速度がかなり違います。この差は「Galaxy S20 Ultra」と「Galaxy Note20 Ultra」で比較しても顕著です。

望遠レンズが2つ搭載されたことでズーム機能の底上げも注目すべきですが、撮影しやすいカメラという面でも「Galaxy S21 Ultra」に一番アドバンテージがあると思います。

④カラバリが豊富に。

一応本体サイズを確認すると以下のようになります。

本体サイズ本体サイズ重さカラバリ
S21151,7 x 71,2 x 7,9 mm171g4色
S21+161,4 x 75,6 x 7,8 mm202g5色
S21 Ultra165,1 x 75,6 x 8,9 mm228g5色

従来であれば標準モデルが最もカラバリが多く、逆に上位モデルになればなるほどカラバリが限定されていました。特に「Galaxy S10」シリーズの時は分かりやすかったように感じます。ただ「Galaxy S21」シリーズの場合、発売地域に差があれど「Galaxy S21 Ultra」でさえ5色展開となっています。

「Galaxy S21」と比較すれば落ち着いた印象を感じますが、最上級モデルにふさわしいシックな印象を受けます。今まではカラバリに選択肢がなくなんとも言えませんでしたが、これだけカラバリがあれば好きな色を選べるので満足度も高くなります。

まとめ。

2020年の「Galaxy S」シリーズの中で最も売れたとされているのは「Galaxy S20+」ですが、Samsungとしては利益率が高い「Ultra」をより売りたいのが本音だと思います。だからこそ「Galaxy S21」シリーズでは「Galaxy S21+」と「Galaxy S21 Ultra」でさらに差別化をしてきましたよね。

日本ではいつ発売されるのか不明ですが、一部地域ではすでに予約が開始しています。手元に届いたらしっかりとレビューしたいと思います。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG