もうこんなスマホを嫌だ。2021年に継続するべきではない5つのトレンド

今後「Xperia 5II」はキャリアモデルに加え国内版SIMフリーが発売されると期待されていますが、キャリアモデルを購入した理由についてまとめてみました。詳細は「もう待てない!国内版SIMフリーではなく「Xperia 5II」のキャリアモデルを購入した4つの理由」をご参照ください。

また2020年はSIMフリーモデル含めて多くの「Xperia」が発売されましたが、その中でおすすめの「Xperia」がどれなのか。おすすめの選び方について簡単にまとめてみたので「SIMフリーの登場でさらに魅力的。2020年「Xperia」おすすめの選び方」をご参照下さい。

さて今回Android Authorityが2021年は継続して欲しくないトレンドについてまとめていることが判明したので簡単にご紹介したいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

5Gを名称に採用すること。

中華スマホを中心に採用されている命名規則ですが、その名称の最後に「5G」が採用されていること。最初は5G対応機種が珍しかったこともあり5Gという名称を採用するのは分かりますが、現在ハイエンドモデルの多くは5Gに対応しており、むしろ4Gにしか対応していない最新ハイエンドモデルの方が珍しいです。

「Galaxy S10 5G」や「Google Pixel 4a 5G」など標準モデルがあってプラスで5G対応モデルとこのような名称の採用は今後もありえると思いますが、「Galaxy Note20 Ultra 5G」や「HUAWEI Mate 40 Pro 5G」など最後に5Gをつけているだけの命名規則はそろそろ終わりでもいいかもしれません。

ハイエンドでプラスチックを採用すること

本体価格が安いモデルの筐体は主にプラスチックが採用されていることが多く、一方で本体価格が高い機種のバックパネルにはガラスが採用されていることが多いです。ただ近年の流れを見るとコストカットのためか、本体価格が高価でありながらも筐体にプラスチックが採用されている機種が増えています。

とはいってもこれは主にSamsungの話になります。「Galaxy Note20」や今後発表される「Galaxy S21」は筐体にプラスチックを採用しています。本体価格が10万円程度するのにその質感は2〜3万円程度の機種と一緒。これだとユーザーも納得できない面があります。

もちろんデザインだけが原因ではありませんが、「Galaxy Note20」と「Galaxy Note20 Ultra」でみた場合、売上は圧倒的に「Galaxy Note20 Ultra」に集中しており、「Galaxy Note20」は全く支持されていません。バックパネルにガラスを採用することが正解だとも思いませんが、ハイエンドに安っぽいプラスチックを採用するのはやめて欲しいところです。

意味のない2MPのカメラ

ポートレートモード専用とかマクロ撮影専用とか中華スマホを中心に2MPのカメラセンサーが搭載されていることをよくみます。ただこれはカメラセンサーを増やすだけの施策で2MPのカメラセンサーにほぼ意味がない。

ひどい機種は2MPのカメラセンサーを2つ搭載して合計でクアッドレンズカメラを搭載したなどアピールするものもあります。いかにユーザーが表面上のスペックだけで購入していることが分かるととも言えます。

2021年はカメラセンサーの数ではなく、カメラセンサーの質で勝負するようになるとされており、この無意味な2MPのカメラセンサーは今後徐々に消えていくのかもしれません。

アップデートが短い。

Samsungは一部機種を対象に。そしてGoogleは基本全ての自社機種に3年間のアップデートを約束していますが、他の多くのメーカーはハイエンドモデルが基本2回のアップデート。そしてミドルレンジモデルが1回のことが多いです。

パンデミックの影響でよりネット環境が重視されるようになり、スマホもより重要視されます。ただセキュリティに関しては正直緩いとしかいいようがありません。Androidが抱えている問題でもありますが、今後アップデート保証期間は改善して欲しいところですよね。

量より質。

そして最後に量より質を優先して欲しいとしています。これも中華スマホが中心になりますが、僅かなスペックの違いしかないのに製品名を変えたりシリーズを変えたりしていかにもラインナップが表面上豊富に見せていること。

同じシリーズで8種類とか9種類あってもユーザーから分かりにくいだけであまり意味がない。ブランドの再整理は必ず必要だとしています。今回は2021年に継続して欲しくないトレンドについてまとめてみました。確かになくなっても影響がないものばかりに感じます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG