「iPhone 12 Pro Max」は「Galaxy Note20 Ultra」よりおすすめだと思う5つの理由

先日には「iPhone 12 Pro」を購入して約1週間使った上で良かったこと/悪かったことについて簡単にまとめたので「「iPhone 12 Pro」短期間レビュー。1週間使って分かった7つのこと」をご参照下さい。さて今回「iPhone 12 Pro Max」が「Galaxy Note20 Ultra」よりおすすめだと思う理由について簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

①フラットディスプレイを採用している。

近年の「Galaxy」の一つの特徴と言えばEdgeディスプレイを採用していること。デザインがより洗練され、さらに横幅のスリム化にも貢献しています。これはユーザー次第の面もありますが、少なくとも自分にとっては片手操作する上で誤反応しやすくかなりストレスに感じます。

一方で「iPhone 12 Pro Max」はフラットディスプレイを採用しているのでまず片手操作において誤反応を心配する必要性がありません。「Galaxy Note20 Ultra」の誤反応はアプリを使えば改善できますが、そもそもOne UIの方でしっかりと制御して欲しい。

その辺HUAWEIは同じEdgeスタイルを採用していますが、ちゃんと制御されているので誤反応はほとんど起きません。個人的にはフラットディスプレイを採用している「Galaxy Note20」の方がまだ使いやすいように感じます。

②デザイン性より実用性。

「iPhone X」シリーズ以降、ノッチデザインがM字ハゲとか批判されがちです。確かに動画をみている時などノッチ部分が大きく気になる時もあります。ただ一方で多くの機種が採用しているパンチホールデザインが正解だとも思いません。

「Galaxy Note20 Ultra」のほうがベゼルがよりスリムかつパンチホールを採用していることで洗練されているデザインを採用していると思います。ただパンチホールデザインを採用したことによるデメリットの一つとして顔認証に対応しているとはいえ2Dのみに対応。

2D顔認証は最悪写真で認証を解除できる可能性が高く、また低照度の環境になると赤外線を利用していないため認証が出来なくなります。だとすればノッチ部分のデザインがださくても、実用性が高い3D顔認証に対応した「iPhone」のほうがいい。

また「Galaxy Note20 Ultra」は画面内指紋センサーを搭載していますが、相変わらず感度はイマイチ。またスクリーンプロテクターとの相性に加え、Edgeスタイルを採用していることからも、アクセサリーの幅も限定されてきます。

また「iPhone 11 Pro」シリーズ以降、タピオカデザインと批判されていますが、「Galaxy Note20 Ultra」を始めとして結構カメラデザインが主張し過ぎている機種は数多く存在します。なぜ「iPhone」だけいまだに批判されるのか良く分かりません。

ちなみに「iPhone 11 Pro」や「iPhone 12 Pro Max」があのカメラ配置になった理由としては、画角の切り替えによって撮影する際にユーザーの立ち位置が出来るだけ変わらないように配慮しているとされています。つまりデザイン性より実用性を優先していることになります。

③片手操作のしやすさ。

どちらの機種も現行で発売されている機種の中では最大クラスのサイズ感となっていますが、「iPhone 12 Pro Max」の方が横幅もあり重く片手操作する上でマイナスに感じると思います。ただ話が重複しますがEdgeスタイルを採用していなので誤反応が起きる可能性が低く、さらにサイドフレームがフラットでまた圧倒的に薄い。

少なくとも片手操作する上で、どちらの機種も片手操作に最適化されているわけではないので、だとすれば誤反応が起きにくい「iPhone 12 Pro Max」のほうがストレスなく片手操作しやすいと思われます。

④電池持ちはおそらく大して変わらない。

海外サイトが「iPhone 12」や「iPhone 12 Pro」のバッテリーテストの結果を公開しており、さらに自分自身「iPhone 12 Pro」を使って感じるのは電池持ちが悪いこと。間違いなく「iPhone 12 mini」はさらに電池持ちは悪いと思います。仮に期待できるとすれば「iPhone 12 Pro Max」のみですが、正直「iPhone 11 Pro Max」ほど良くないと予測しています。

一方で「Galaxy Note20 Ultra」は消費電力効率に優れたディスプレイを搭載した割には電池持ちが悪い。もちろん120Hz表示ということもありますが、全てのシーンで120Hzで表示されているわけではありません。にしたら電池持ちが悪い。

「iPhone 12 Pro Max」より約1000mAh多いバッテリーを搭載していますが、正直電池持ちは大して変わらないように感じます。

⑤カメラの彩度が濃すぎる。

「Galaxy S20」シリーズ以降、カメラの彩度がかなり濃くなるようになっており、風景を撮影する時など抜群に映える写真を撮影することができます。またナイトモードに関しても個人的には最高クラスだと思います。ただこれらの撮影って日常でそんなに頻度高く撮影するのか。

あくまでも自分の場合は、室内の照明下で写真を撮影することが多い。となると同じく加工感が強い「iPhone」でもまだより忠実な色合いを表現してくれます。一方で「Galaxy Note20 Ultra」は照明の色などに引っ張られ、さらに彩度が濃いため、肌の色など変色します。照明の色が暖色系であれば、完全に肌の色は黄色に引っ張られます。

「Galaxy Note20 Ulta」は条件が整えば最高クラスの写真を撮影できる一方で条件が悪いとイマイチに感じる写真しか撮影出来ない印象を受けます。そのへん飛び抜けたスペックなどはありませんが「iPhone」のカメラのほうがあらゆるシーンで満足の行く写真を撮影できるように感じます。

まとめ。

完全に主観ですが「Galaxy Note20 Ultra」より「iPhone 12 Pro Max」のほうがおすすめな理由についてまとめてみました。個人的には「Galaxy S20 Ultra」で108MPカメラセンサーを採用してから、カメラの画質というか色合いがイマイチに感じるようになりました。

癖が強い分、威力を発揮すると強いですが、一方で非常に扱いにくいように感じます。何を優先するかはユーザー次第の面があるので、もしこの2機種で迷っているユーザーいるのであれば「iPhone 12 Pro Max」のほうがおすすめに感じます。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!


 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG