2週間使って分かったこと。「Google Pixel 5」の良かったこと/悪かったこと

先日には「Google Pixel 5」を数日使って感じた4つのことについて簡単にまとめたので「短期使用レビュー。「Google Pixel 5」を使って気になる4つのこと」をご参照下さい。まて手持ちの「Google Pixel 5」に関してはバッテリーアイコンにバグが発生していることが判明したので簡単にまとめてみました。

詳細は「電池持ちが劇的に悪化するバグ。「Google Pixel 5」に発生した2つのバグまとめ」をご参照下さい。さて今回「Google Pixel 5」を約2週間使ったので良かったこと/悪かったことについて簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

90Hz表示は快適。

「Google Pixel 5」はSnapdragon765Gを採用している以上ミドルレンジモデルになります。なので欲しくてもその動作性が心配でなかなか購入できない人もいるかと思います。

AnTuTuでベンチマークを計測しても約30万点前後と正直大したスコアではありません。「Xperia 5II」や「Galaxy Note20 Ultra」などはスコアが56万点以上であることからもスコアがかなり話されています。ただ自分はゲームをやらないためゲームは評価に入りませんが、それ以外に関してはハイエンドモデルと遜色ない動作性を実現しています。

Snapdragon765Gがミドルレンジモデル向けとはいえ、スコア的にはSnapdragon835に近いスコア。なので2〜3年前のハイエンドモデルと同等の動作性なのでストレスになることは感じません。さらに「Pixel 5」は90Hz表示のリフレッシュレートに対応していること。

ディスプレイがより滑らかに表示されるだけでもかなりサクサク動くように感じます。なのでホームに戻るやアプリを開くにスクロールなど日常的な動作はかなりサクサク動いてくれており、また同じミドルレンジモデルである「Pixel 4a」の時に感じたもたつきやカクツキを感じないからこそ余計に快適にに感じるのかもしれません。

②独特な手触り。

「Pixel 5」は筐体にアルミを採用。さらに表面をバイオ樹脂で特殊コーティングしているため、独特な手触りとなっています。ガラスやプラスチックのようにツルツルしているわけでもなければ、マット仕上げのようにザラザラしているわけでもなく、ちょうどその中間くらいの質感です。

この質感が独特で非常に面白いこと。また指紋が全く目立たないこともあり、かなり所有欲を満たしてくれるデザインに感じます。ツルツルしているわけでもないので滑りにくく、片手でもグリップしやすく、ケースをつけて使いたくない人にもおすすめできます。

デザイン全体で見れば背面に指紋認証を搭載など、正直洗練されているとは思いませんが、この独特な質感はそれ以上にプラスに作用しているように感じます。

③電池持ちがいい。

先日に海外サイトがバッテリーテストの結果を公開していますが、「Google Pixel 5」は歴代Pixelの中で最も電池持ちがいいです。これは実際に使っていても実感することが出来ます。昨年使っていた「Google Pixel 4 XL」は自分の使い方であれば、夜充電する前に電池残量が20%程度でしたが、「Pixel 5」であれば50%前後は残っています。

自分の使い方であれば安心して1日持つ電池持ちを実現しています。今まで「Google Pixel」シリーズの電池持ちに億劫になっていた人も「Pixel 5」なら安心して使えると思います。

④指紋認証の搭載位置。

もちろんいいことばかりではありません。「Google Pixel 4a」の時にも感じましたが残念なことの一つとして指紋認証の搭載位置が低いこと。ユーザーの手の大きさ次第の面もありますが、自分の手だと認証する際に指を曲げないといけない。つまり背面に指を伸ばした時に認証がしやすい位置にない。

指紋認証自体の反応がいいからこそ、ちょっと搭載位置に不満があります。ただこれは本体サイズとトレードオフの面もあるので仕方ないのかもしれません。現に「Google Pixel 4a 5G」は本体が大きい分、かなり認証がしやすい位置に搭載されています。

ポートレートモード

相変わらずポートレートモードの精度も非常に高く、フォーカス精度も非常に高いのでPixelらしい使いやすいシンプルなカメラを搭載しているように感じます。ただちょっと使っていて思ったのが加工感が強くなりすぎることがあること。

iPhoneのように不自然な切り取りのような感じはなりませんが、加工感が強すぎて、瞳孔部分がほぼ真っ黒とか顔がちょっと歪んで見えたりする写真が取れることもあります。

ハードではなくソフトに依存しているからこそ、そのバランスがもうとれなくなっているのかもしれません。そろそろハードを強化してその分カメラソフトによる加工感をちょっと弱めてもいいように感じます。

⑥写真の処理が遅い。

相変わらず夜景撮影もかなり強いですが、ちょっと気になったのが写真の処理が遅いように感じます。低照度の環境になるとより処理に時間を要するのは当たり前ですが、以前の「Pixel 4」シリーズより遅くなっている感じがします。

なのでシャッターボタンを押してから保存されるまでのタイムラグのせいで結構手ブレが発生しやすいように感じます。この辺にSnapdragon765Gを搭載した影響。SoCの非力さの影響が出ているのかもしれません。

まとめ。

約2週間使ってみて気になったことを簡単にまとめてみました。個人的にはかなり満足度が高く、電池持ちよく/持ちやすく/カメラも使いやすい。また5Gに対応しながらも本体価格が7万円と決して高くはないと思います。

巷ではコスパが悪いと言われていますが、スペックと価格のバランスでコスパは決まるものではありません。実際に購入して使ってみて価格以上の価値があるかどうかで、100円のものでも100万円でも価格以上の価値があればコスパがいいことになります。

自分にとって「Google Pixel 5」はコスパがいい機種だと思います。昨年の「Pixel 4」シリーズの中途半端な高さがなくなり、一方でより満足度が高くなっている。気になる人はau/SoftBankから発売されているのでチェックしてみてください。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。
スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!
正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円
「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。 多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。 一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。 これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。 なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。 それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG