価格/サイズ感も似ている。「Xperia 5II/iPhone 12 Pro」おすすめ6つの選び方

先日には、「Xperia 5II」の香港版を購入して約2週間使ってきたので、2週間使って感じた良かったこと/悪かったことについてまとめてみました。詳細は「2週間「Xperia 5II」をじっくり使ってみて。購入して良かった思える5つのこと」をご参照下さい。

また先日には「iPhone 12 Pro」を購入し、Androidユーザーが「iPhone 12 Pro」を使って感じた7つのことをまとめてみたので「開封レビュー/Androidユーザーが「iPhone 12 Pro」と使って感じた7つのこと」をご参照下さい。

さて今回価格帯もサイズ感も似ている「iPhone 12 Pro」と「Xperia 5II」の比較レビューをしてみたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

①片手操作とデザイン。

デザインにおいては正直真逆の方向性で完全に好みだと思います。「Xperia 5II」は丸みを帯びたデザインで背面は光沢感強め。一方で「iPhone 12 Pro」は角ばったデザインで背面はマット仕上げ。

個人的には「iPhone 12 Pro」の方が好みのデザインです。ただ気になるのは本体の持ちやすさと片手操作のしやすさ。

 Xperia 5II12 Pro
本体サイズ158x68x8.0mm146.7×71.5×7.4mm
重さ163g187g

「iPhone 12 Pro」はサイドフレームがフラットになったことでがっちりと握れる影響もあるのかスペックほど薄く感じません。一方で「Xperia 5II」の方が横幅がスリムであること。

さらに手にフィットしやすい丸みを帯びたサイドフレームを採用しているので「Xperia 5II」の方が持ちやすく片手操作がしやすく感じます。また「iPhone 12 Pro」はスペックほど重くは感じませんが、「Xperia 5II」と比較すると明らかに重い。

なので「Xperia 5II」の方が取り回しがしやすいと感じます。

②明るさとリフレッシュレート

ディスプレイサイズは同じ6.1インチでHDR対応も共通。一つ目の違いとしてはディスプレイの色味。「iPhone 12 Pro」はTrueToneDisplayがオンになっているとはいえ、何方かと言えば黄色味が強いディスプレイで、「Xperia 5II」は青味が強いディスプレイを採用。

ここは完全に好みの問題だと思います。そして次に気になるのがディスプレイの明るさ。やはり「iPhone 12 Pro」は標準使用で最大800nitsに対応していることからも明るい。

ディスプレイが暗いとされている「Xperia 5II」と比較すると余計に明るく感じます。高照度の環境下でも比較してみましたが、やはり「iPhone 12 Pro」の方が見やすいディスプレイを採用しています。

単純に明るくて綺麗なディスプレイであれば「iPhone 12 Pro」をおすすめします。

ただ「Xperia 5II」に大きくアドバンテージがあるのが120Hz表示のリフレッシュレート。明らかに「Xperia 5II」の方が滑らかに表示されるので、サクサク動いているように感じます。

どちらもハイエンド向けのSoCを採用しているとはいえリフレッシュレートの差で「Xperia 5II」の方がより動作性に優れているように感じます。またゲームにおいても「Xperia 5II」の方が大きな強みになると思います。

電池持ちと発熱。

「Xperia 5II」はSnapdragon865/RAM8GBで「iPhone 12 ProはA14 Bionic/RAM6GBでAnTuTuのベンチマークを3回連続で回して負荷をかけてみました。

AnTuTu12 ProXperia 5II
計測前電池残量96%92%
1回目計測終了後電池残量92%89 %
スコア58万055155万6745
GPU24万744320万6167
2回目計測終了後電池残量88%86%
スコア56万001556万0847
GPU22万996920万5162
3回目計測終了後電池残量84%83%
スコア56万283655万8480
GPU20万069020万5050

あくまでも今回の条件だと「iPhone 12 Pro」の方が発熱がしやすく、さらに電池の消耗も早いです。「iPhone 12 Pro」は一定の発熱はすぐしますが、それ以上になりにくいという印象です。

ただこれが充電をしながらゲームをやるということになると、HSパワーコントロールに対応している「Xperia 5II」の方が発熱の心配をそこまでする必要性がないと思います。

歴代「iPhone」の方がGPU性能が優れており、ゲームをより快適にできるとされていましたが、スコア的には大きく差はなく、あとはアプリとOSの最適化の問題くらいしか差がなく、少なくともAndroidの方が劣っているということはないと思います。

④ワイヤレス充電か有線充電か。

電池持ちに発熱対策は「Xperia 5II」の方が優れているように感じますが、残念なのが「Xperia 5II」はワイヤレス充電に対応していないこと。

一方で「iPhone 12 Pro」はMagSafeに対応。ワイヤレス充電しながらいろいろな操作ができるので非常に便利です。ただ話は重複しますが、ゲームをやるかやらないかにもかかってきます。

「Xperia 5II」でゲームをがっつりやる人はHSパワーコントロールを使うと思うので、仮にワイヤレス充電に対応していても有線で充電することになります。気軽に充電できるという意味でワイヤレス充電に対応していないのは残念ですが、ユーザーの使い方次第でワイヤレス充電が優先か有線充電が優先かで変わってくると思います。

⑤指紋認証と顔認証。

そしてユーザーの生活スタイルによって大きく評価が分かれるのが生体認証。自分は在宅で仕事をしていることが多いので、ほとんどマスクをつけることはありません。

なので顔認証に対応している「iPhone 12 Pro」の方が便利に感じます。一方で普段マスクをつけている人にとって顔認証にしか対応していない「iPhone 12 Pro」の方が不便で、「Xperia 5II」の方が便利になります。

今後どの程度マスク必須の期間が続く分かりませんが、当面は顔認証より指紋認証の方が重要視されるようになると思われます。

⑥完全に画質は好み。

そして最後にカメラを確認していきたいと思います。「Xperia 5II」は全てPhoto ProのAモードで撮影。Photo Proがポートレートモードに対応していないため「iPhone 12 Pro」もポートレートモードは使っていません。

写真の左側が「Xperia 5II」になります。

「iPhone 12 Pro」の方が明るく撮影できる一方で、「Xperia 5II」はポートレートモードに対応していない分、ある程度接写するとボケ感が強めで良い感じですよね。

ただ被写体にかなり接近して撮影したい場合は「Xperia 5II」はピントが合わせにくく、まだ「iPhone 12 Pro」の方がピントを合わせやすいように感じます。

まとめ。

本体価格も近くサイズ感も近いことからも、今回はこの2機種を比較した上で、特に選びやすいに大きく差別化させてみました。

個人的には「Xperia 5II」の方がスマホ単体で見れば魅力的ですが、「iPhone」の強みはやはりエコシステムですよね。これはAndroidには正直ない魅力の一つです。

どちらの機種もすでに発売されているので気になる人はチェックして見てください。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。
スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!
正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円
「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。 多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。 一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。 これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。 なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。 それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG