比較レビュー。「Xperia 5II」と「Xperia 5」は結局どちらがおすすめか

先日には香港版の「Xperia 5II」を購入し、簡単にファーストインプレッションをまとめてみたので「開封レビュー。「Xperia 5II」は購入して最も後悔しない「Xperia」」をご参照下さい。さて今回「Xperia 5II」と「Xperia 5」結局どちらがおすすめなのか簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

見た目も意外と違う。

まずデザインを確認したいと思います。「Xperia 5II」と「Xperia」はバックパネルに光沢感強めのガラスを採用。さらにサイドフレームにメタルを採用。またサイドフレームに丸みを帯びていることからも、ほとんど一緒のデザインに感じます。

 Xperia 5Xperia 5II
本体サイズ158x68x8.2mm158x68x8.0mm
重さ164g163g

また本体サイズに重さもほぼ一緒なので、デザインが進化していないようにも感じます。ただ実際に比較してみると「Xperia 5II」の方がより丸みを帯びていること。さらに0.2mmと僅かに感じる厚さの違いですが、実際に比較してみると、結構違いがあることを確認できます。

全体的に丸みを帯びたこと。そして本体の厚みが薄くなったことでもともと持ちやすかったのですが、「Xperia 5II」でさらに持ちやすくなっています。

また本体右側面ですが、「Xperia 5II」は「Xperia 5」と比較して音量ボタンが少し上に。さらに指紋認証が電源ボタンに統合されたことでより省スペースになっています。またシャッターボタンも僅かに上に移動しています。Photo Proを使う際シャッターボタンを必ず使うようになりますが、自分の手の大きさであれば「Xperia 5」より自然に指の位置にボタンが搭載されて押しやすくなっています。

またカメラリング部分自体も「Xperia 5II」の方が小さくなっており、さらにカールツァイスレンズのロゴが入ってより引き締まったデザインに感じます。ぱっと見の印象としてはほとんど一緒に見えますが、「Xperia 5II」は確実にデザインがブラッシュアップされています。

120Hz表示は大きい。

リフレッシュレート以外、正直スペックに進化は見られません。

 Xperia 5Xperia 5II
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.1インチ
表示解像度2520×1080(FHD+)
リフレッシュレート60Hz120Hz/擬似的240Hz

何よりゲームをやるユーザーによって嬉しいのが残像低減技術を利用した擬似的240Hzのリフレッシュレート。さらにタッチレートも最大240Hzに対応しているため、より滑らかに表示されつつディスプレイの反応も非常に高くなります。

ただゲームエンハンサーの方で240Hz表示に設定しても、ゲームエンハンサーが対応していないアプリでは120Hz表示となっている可能性が高いです。何よりゲーム以外においても対応コンテンツであれば120Hz表示になるので非常に滑らかに表示され、結果的にゲームをやらないユーザーにとってもその恩恵は大きいと思います。

発熱対策は効果が大きい。

先に基礎スペックを確認すると以下のようになります。

 Xperia 5Xperia 5II
OSAndroid10
SoCSnapdragon855Snapdragon865
RAM6GB8GB
ROM64/128GB128/256GB
防水/防塵IP68
イヤホンジャック×
生体認証指紋
バッテリー3140mAh4000mAh
ワイヤレス充電×

AnTuTuベンチマークにおいてそのスコアは10万点以上の差がありますが、使っていてその差を実感することはないと思います。むしろ「Xperia 5II」を120Hz表示に対応したことの方がその動作性に大きく差を感じます。

そして気になるのは電池持ちと発熱具合。とりあえずベンチマークを3回連続回してみました。ちなみに計測前は電池残量が100%の状態にしてあります。

1回目計測終了後Xperia 5Xperia 5II
スコア42万221555万6206
電池残量95%96%
バッテリー温度35.534.6
SoC温度39.638.9

ちなみに一回のベンチマークの所用時間はだいたい9分くらいです。

2回目計測終了後Xperia 5Xperia 5II
スコア40万374455万5185
電池残量92%94%
バッテリー温度36.537.1
SoC温度41.539.7

2回目計測終了後に本体を触ってみましたが、どちらの機種も発熱しているという感じの熱さではありません。

3回目計測終了後Xperia 5Xperia 5II
スコア39万661055万8066
電池残量88%91%
バッテリー温度3738.2
SoC温度41.542.4

計測終了後に持っても少し熱くなった程度で、発熱に対しては大きく差を感じることができませんでした。ただ「Xperia 5」はベンチマークを重ねるごとにスコアを落としているのに対して、「Xperia 5II」は3回目が最もいいスコアを獲得しています。

発熱対策が強化されたと聞くと本体が熱くなりにくいというイメージがしますが、何方かと言えば発熱による本体のパフォーマンスの低下を避けてくれるという感じです。また「Xperia 5」も十分に電池持ちがいい機種ですが、「Xperia 5II」と少しずつ電池残量に差が発生していることを確認できます。

そして指紋認証に関しては正直変わらず。良くも悪くも変わってない。ただ個人的にはボタン式となっている「Xperia 5II」の方が認証しやすい印象を受けます。またスピーカーに関しては「Xperia 5」の方が明らかに音量が大きいです。

ただ「Xperia 5II」の方がデュアルフロントスピーカーを搭載したことで音の広がりがよく、またスピーカー自体の音質も改善されているためより満足度が高くなっています。

カメラはそんなに違いがない?

そして最後にカメラを確認したいと思います。今回の写真において「Xperia 5II」は全てPhoto ProのAモードで撮影しています。

左側が「Xperia 5II」で撮影した写真になります。まだ短期間しか使っていませんが、使って感じたことは「Xperia 5II」の方が特段オートフォーカスの速度や精度に優れている感じがしないこと。

やはりピントを合わせにくい被写体だと上手く合わないことが結構あります。TOFセンサーがないことが大きく影響しているのか、マニュアル撮影をしない場合であれば、通常のカメラアプリの撮影でもいいのかもしれません。

もちろん秒20コマの高速連写や画角の切り替えの速さなど改善点もありますが「Xperia 1」と「Xperia 1II」のような違いをそこまで体感することができません。今後ゆっくりと試していきたいと思います。

まとめ。

カメラに関してはまだ試し切れていませんが、それ以外において「Xperia 5II」の方が明らかに優れており、満足度も大きく異なります。

「Xperia 5」があまり良くない機種に感じてしまうかもしれませんが、単純に「Xperia 5II」が良すぎるだけです。本体価格で見れば少なくとも3万円以上の価格差がありますが、長く使うことを想定するなら「Xperia 5II」をおすすめします。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!
 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。
スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!
正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円
「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。 多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。 一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。 これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。 なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。 それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。
最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG