究極の5Gコンパクト対決。「Google Pixel 5」と「Xperia 5II」おすすめの選び方

先日には事前情報通り「Google Pixel 5」を正式発表しており、「Google Pixel 5」が欲しくなる理由について簡単にまとめたので詳細は「いよいよ正式発表。「Google Pixel 5」が欲しくなる6つの理由」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 5II」は香港で10月9日より発売することが明らかになっており、おそらく世界最速の発売になると思われます。詳細は「やはり国内販売は遅め?「Xperia 5II」は最短で10月9日に発売される可能性」をご参照下さい。

さて今回はコンパクトモデルとして注目度が高い「Google Pixel 5」と「Xperia 5II」のどちらがおすすめか簡単にまとめたいと思います。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

①ゲームをバリバリやるか

まずはディスプレイから確認したいと思います。

Xperia 5IIPixel 5
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.1インチ6.0インチ
表示解像度2520×10802340×1080
アスペクト比21:919.5:9
リフレッシュレート120Hz(擬似的240Hz)90Hz

ほぼ同じディスプレイサイズで表示解像度もほぼ同じ。大きく異なるのはアスペクト比とリフレッシュレート。どちらの機種も縦長のディスプレイを採用していることに違いはなく気になるとすればリフレッシュレート。

もちろんリフレッシュレートが高ければ高い程より滑らかに表示されるので結果的に快適な動作性になりますが、日常的に使うのであれば90Hzでも120Hz表示でもそこまで気にする必要性はないと思います。一方でリフレッシュレートを気にするべきはゲームです。

最近のゲームコンテンツは高リフレッシュレートに対応しているものも増えており、ゲームをしっかりやり込みたい人にとっては「Xperia 5II」の方がおすすめになります。また「Xperia 5II」はSnapdragon865を搭載しているのでより高負荷なゲームをプレイできるのはもちろん、HSパワーコントロールで、充電せず給電しながらプレイすることができ、発熱を押さえながらプレイすることができます。

なのでゲームをやりこみたい人は「Xperia 5II」をおすすめします。

②ワイヤレス充電は必要か。

スマートフォンをストレスなく使う上で重要になってくるのが電池持ちの良し悪し。

Xperia 5IIPixel 5
バッテリー4000mAh4080mAh
充電速度21W18W
ワイヤレス充電×
リバースワイヤレス充電×

大きな違いとしては「Google Pixel 5」のみワイヤレス充電/リバースワイヤレス充電に対応していること。ここでユーザーによってまず分岐すると思います。ワイヤレス充電が必須のユーザーは「Google Pixel 5」一択になります。

そして気になる電池持ちですが、先日の情報からも「Xperia 5II」の電池持ちがかなり優秀であることが判明しています。両機種ともほぼ同じディスプレイサイズで表示解像度。こうなってくるとリフレッシュレートが低く、さらに消費電力効率が優れているSnapdragon765Gを搭載している「Google Pixel 5」の方が優秀な可能性が高いです。

実際にバッテリーテストの結果を待つ必要性がありますが、少なくともワイヤレス充電を優先する人は「Pixel 5」がおすすめになります。

③イヤホンジャックは必要か

「Google Pixel 5」はミドルレンジモデル。そして「Xperia 5II」はハイエンドモデルとなるので基礎スペックを比較することにあまり意味がないのかもしれません。一応確認すると以下のようになります。

Xperia 5IIPixel 5
OSAndroid10Android11
SoCSnapdragon865Snapdragon765G
RAM/ROM(国内)8GB/128G
SDカードスロット×
イヤホンジャック×
生体認証指紋(側面)指紋(背面)
防水/防塵IP68

ゲームをやるユーザーによっては幅広いコンテンツに対応できる「Xperia 5II」がおすすめになりますが、日常使う上では「Google Pixel 5」でも十分に快適に使えると思います。「Google Pixel 5」は相変わらず拡張性がなく、イヤホンジャックも搭載していません。

なのでイヤホンジャックを搭載しているかが大きな分岐点になると思います。またオーディオ関連のスペックはスピーカー含めて「Xperia 5II」にアドバンテージがあります。あとはちょっと気になるのが「Xperia 5II」は今後アップデートが3年保証になるとされていますが、実際にところSonyから正式発表はありません。

一方で「Pixel 5」は3年保証は確実です。現時点での情報を元に考えれば、より長く使いたいユーザーは「Google Pixel 5」の方がいいかもしれません。

④ナイトモードは必要か。

カメラに関しては正直比較するのが難しいですが、「Google Pixel 5」はオート撮影を極めた機種。一方で「Xperia 5II」はマニュアル撮影を極めた機種になります。簡単に綺麗な写真を撮影したユーザーは「Pixel 5」。一方で拘った撮影をしたのであれば「Xperia 5II」になります。

画質含めてここは正直好みだと思います。そして分かりやすい違いとして、「Xperia 5II」はPhoto Proを通して明るく撮影することができますが、オートモードでは「Google Pixel 5」に及ばないと思われます。

「Google Pixel 5」は低照度の撮影にかなり強いです。また「Xperia 5II」で低照度の撮影をする場合、Photo Proであればシャッタースピードを遅くするしかりありません。なので手振れを防ぐには三脚が必須になります。なので簡単に気軽という面では「Google Pixel 5」になります。

⑤持ちやすさを優先するか

アスペクト比が異なることもありぱっと見の印象は「Xperia 5II」の方がかなり縦長に見えます。

Xperia 5IIPixel 5
本体サイズ158x68x8.0mm144.7×70.4×8.0mm
重さ163g151g

「Google Pixel 5」の方がコンパクトでさらに軽い。何より本体のサイズ感を優先するのであれば「Google Pixel 5」がおすすめになります。ただ「Xperia 5II」の方が横幅がスリムで持ちやすく片手操作しやすい可能性が高いです。

また縦長の画面を補うためにサイドセンスを搭載。そして縦長画面は画面分割機能を使う上で非常に快適です。片手操作がしやすく一度に確認できる情報量が多い方がいいなら「Xperia 5II」がおすすめになります。

まとめ。

どちらも素晴らしい機種であることに違いはありません。「Xperia 5II」の方が個人的には好きですが、より万人受けするのはやはり「Google Pixel 5」だと思います。ミドルレンジモデルにしても「Google Pixel 5」が中途半端な印象を受けないのは絶対的なカメラに、大幅に改善された電池持ち。そしてニーズが高いコンパクトなサイズ感があるからこそだと思います。

「Xperia 5II」の方が金額が高く不利ですが認知度は少なくとも国内ではSonyの方が上です。両機種ともどのような売れ行きを示すのか非常に楽しみです。

購入は待ち時間・手数料不要のオンラインショップがおすすめ!

 DoCoMoはこちらで!auはこちらで!
SoftBankはこちらで!SIMフリーはこちらで!

 

「スマホ」を少しでも安く購入する方法。

最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。

スマホをお得に買い換えるなら「dカード GOLD」がおすすめ!
  • dカード GOLDで購入すれば税込「100円」につき「2%」の還元がある。
  • dカード GOLDで購入すれば、購入後3年間最大「10万円」の保証がつく
  • dカード GOLDなら月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになる。
生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!

正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。

(例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合

一括払いによる獲得ポイント合計2000ポイント
ケータイ安心保証未加入(月750円と仮定)2万7000円

「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。

多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。

一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。

これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。

なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。

それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG